占術家 内田和男の幸せを呼ぶ実践開運鑑定

MENU

総合占い(複合鑑定)というのはどういう感じで進められるのでしょうか?

総合占い(複合鑑定)の鑑定方法について説明致します。
※引越・旅行などの方位鑑定の説明についてはこちらから御覧ください。

 

基本的に頻繁にお客様とメールのやりとりをすることになります。

 

これが他の占い師との決定的な違いと言えます。

 

分からない内容をそのままにしない、気になったことをその都度質問が出来る、そういう形を整えるために作り上げたのがこのプランです。

 

まず、鑑定の開始についてですが、これは最初の鑑定メールが占い師から送られた時間が鑑定開始時間となります。(日時指定が優先されます)

 

そして、その時間を基準にして鑑定期間が設定されます。

 

お客様の不利益にならないように、鑑定開始時間は夜の22時から朝の7時までは送られることはありません。
※お客様がお急ぎの場合はすぐに鑑定を開始する場合があります。

 

総合占いの場合は、方位学・紫微斗数・西洋占星術・手相・四柱推命、状況に応じてタロット、別枠で家相・風水を使います。

 

どのようなご相談であったとしても、まず、現在の運気を詠むところから始まるため、過去の引越や2泊以上の旅行などについてお知らせいただき、それを基準にしながら鑑定を開始していきます。

 

これは結婚や適職などのご相談であっても同様です。

 

とにかく今の運気の状況が分からないことには、話を先に進めることが出来ないためです。

 

方位鑑定をすることで、現在の運気が見えてきた後は、紫微斗数や西洋占星術によってお客様の生き方を見ていきます。

 

これらは適正や出会いなどを読み解く上で必要な作業です。

 

必要な情報としてはお生まれになった時間(何時何分)とお生まれになった場所(市町村名)が分かれば、細かく鑑定していけます。

 

ただ、わからない場合は大雑把になっていきます。

 

これに並行して手相も見ていきます。

 

ただし、手相鑑定をするわけではなく、現実と占いのすりあわせを手相で行います。

 

以上のことから大体、複合鑑定で行われる予定推移は以下のような感じです。

 

第一段階:最初にご相談された内容と必要な内容を全て鑑定する

 

第二段階:鑑定結果をもとにした質問に合わせてお答えをしていく

 

第三段階:必要に応じて鑑定全体の確認

 

という感じです。

 

このため通常プランでは1通~6通ぐらいの鑑定メールを送らせていただくことが多いです。

 

鑑定の内容によって省かれたり、増えたりする過程もあるため、その時々の状況によって変化します。

 

また、当然ながら、鑑定中にお聞きしたいことも出てきますので、その点についてはその都度送らせて頂いている鑑定メールに内容を載せています。

 

メール鑑定の終わり方ですが、鑑定期間が満了となりましたら終了となります。

 

鑑定期間内に送られたご質問でお答えが出来ていないモノにつきましては、鑑定終了後、24時間程度で最終の鑑定メールを送ることが多いです。

 

以上のような感じで鑑定が行われます。