九星気学・方位学 メール鑑定 占い師の内田さんが凶方位へ引っ越しをなんとかする

上手な鑑定の申込み方法のコツ

鑑定の申込み方 どこまで書いたら良い?どこまで伝えたら良い?

ここでは占い師の内田和男さんに鑑定の依頼、あるいは問合せをする時の効果的・効率的なコツについてまとめました。

 

まず一番大事なことは、とにかく「問合せをする」です。
※問合せはこちらからです

 

いきなり申し込むと「そのご相談は受けられません」とお断りするしかないときがあります。

 

実際、そういった事例は多いです。

 

どきどきしながら「大丈夫だろうか」と思いながら申し込まれているのに、お受けできないご相談はやっぱり無理なのです。

 

では問合せをする時はどんな事を書けば良いでしょうか。

 

たまに一行しか書いていない人がいますが、大抵お断りしています。

 

意思の疎通が出来ない人のご相談をお受けしても、良い占いが出来ないためです。

 

だからと言ってたくさん書けば良いというものでもないですが、1行や2行に比べれば余程良いです。

 

これにはちゃんと理由があります。

 

良い占いに巡り会うコツは、気になっている事を出来るだけ占い師に伝えることです。

 

占いは霊感・霊視と違って何も言わなくても答えが出る世界ではありません。

 

それなら霊感・霊視の方が良いよねってなるかもしれませんが、霊感・霊視は見えているもの、見えたものしか分からないです。

 

一方で占いはその人の本来あるべき姿を基準に現状を整理するのが仕事です。

 

どういう選択をしたら良いか、どういう風に生きていったらよいか、どうしたら良いか、そういうことには具体的な目安が必要ですが、占いはそういったことを得意とします。

 

占いと霊感・霊視は重なる部分も多いですが、根拠を持ちながら鑑定が出来ることで相談される方の不安を解消しやすく、また、鑑定の内容を理解しやすいのが特徴です。

 

そのため相談者の背景や気になっている事が詳しく分かると、それだけ的確に鑑定をすることが可能になります。

 

そこで必要な事前の問合せは「相談したいことを詳しく書く」です。

 

ただし、詳しく書くけれど相談したいこと以外は遠因や関連事項は軽くで良いです。

 

相談事はまずは一つに絞ること。

 

そうすると、相談される方ご自身も何を知りたいかが明確になります。

 

その上でお問い合わせの送信ボタンを押してください。

 

私の方では頂いたお問い合わせを私が鑑定出来るかどうかを最初に見極めています。

 

よくある話で、私自身がお断りしているのは、方位鑑定の時に多いです。

 

それは既に他の誰かや何かを基準にして引っ越したり旅行をしたりしている場合です。

 

あるいは、何かを基準にしていろいろと不安になっている場合です。

 

この「何かを基準」というのが大事になります。

 

特に方位鑑定は基準にするものによって結果が変わることが多いです。

 

このため「何かを基準」にしているなら、その目安とした人や関連の人に相談してください。

 

ここを飛ばして私の所に相談されても「そちらに相談してください」とお伝えするだけで鑑定のご依頼はお受けできないです。

 

結局2度手間になります。

 

基準が違うと結果も違うかもしれない。

 

すると、本当にこれで良いのだろうか?と不安が出てくるかも知れない。

 

そういうリスクがこちら側では分かるので、そのリスクを回避することを目的にして、まずは参考にされた人や目安を使っている占い師さんに相談してくださいとお伝えしています。

 

大体、この辺ぐらいまで意識してお問い合わせの内容を書いて頂ければ、ご自身に合った最適のお話をお返しできます。

 

まずはお問い合わせから。

 

これが大事になります♪

 

トップへ戻る