総合占い(複合鑑定)と方位鑑定の違いはこれだ!

MENU

総合占い(複合鑑定)と方位鑑定はここが違う

そもそも占い師の内田さんの鑑定は方位鑑定から始まっているんです

 

私はもともと方位の事に関心があり、そこから今の鑑定の基盤が出来ています。

 

このため九星気学・方位学を基準として、いろいろなジャンルの鑑定をしてきました。

 

九星気学・方位学が最も得意とするのは引越や旅行などの行動が伴う出来事です。

 

この引越や旅行というのは人生の中で何度でも起こりうることですし、行動そのものとしてはかなり大きな動きになるので、その影響力も強いと考えています。

 

特に私の鑑定で重要になるのは、鑑定結果を出すことではないです。

 

方位鑑定で最も重要なのは「なぜそうなのか?」「そしてどうなるのか?」ということをきちんと理解して頂くことです。

 

もちろん吉方位の方が良いですし、凶方位を避けたいです。

 

でも、それだけではなく、「どうして今その方位なのか」「その方位を今選ぶということはどういうことなのか」というところまで踏み込んでお客様と内容を突き詰めていきます。

 

こんな鑑定はなかなか出来ません。

 

通常は良いか悪いかという結果を伝えることが多いからです。

 

しかし、重要なのは、お客様ご自身に状況を知って頂き、どういう風に行動していったら良いかを理解して頂くことです。

 

「生きる」ということは「想いを実現すること」でもあります。

 

全ての選択の結果が今にあるのだと私は思うのです。

 

それならば少しでも判断材料を沢山お渡しし、その上で「活きて頂きたい」のです。

 

方位鑑定だけを別個に1つの鑑定プランにしているのは、旅行や引越というのは変更する可能性も高いため、柔軟に対応するために時間を確保しています。

 

また、鑑定を受ける中で条件が変わることもあります。

 

だからこそ方位の分野に特化したプランを作っています。

では、複合鑑定とは何?何が出来るの?

方位鑑定では私が使う占い方法は九星気学・方位学だけです。

 

鑑定の対象となるのは方位を必要とする旅行や引越のみを鑑定していくものです。

 

でも、本当はご相談の内容によっては九星気学・方位学ではないほうが良いこともたくさんあります。

 

方位鑑定はいろいろなことを教えてくれるベースにはなってくれますが、得意分野以外を鑑定することはちょっと苦手。

 

移動を伴う運気の動きを見て、現状の善し悪しやこれからやろうとしていることの良否をみることは得意です。

 

でも、それだけの判断では足りないです。

 

方位的には悪い方向性だと言うことが暗示されたとしても、もしかしたら、それは「タイミングが悪い」ということを言っているだけかも知れません。

 

それならばタイミングが悪くても突き進んだ方が良い事もあれば、時期を見た方が良い場合もあります。

 

そういうことまで鑑定をするとなると、方位鑑定だけでは難しいです。

 

それ以外にも得意なのが、人や物、出来事に対する相性を鑑定するのも得意です。

 

いわゆるご縁があるかどうかってやつです。
※ただし、出会った日付などが分からないと無理です

 

いい流れを持っているときは、吉方位でつながっていることが多いです。

 

こういうことを鑑定するのも九星気学・方位学が得意です。

 

ところが、たとえばあなた自身がどんな人で、どういうことを目指して行ったら良いか・・・などは、あまり得意としません。

 

こういう分野は紫微斗数や西洋占星術、四柱推命が得意とします。

 

紫微斗数・西洋占星術・四柱推命は生まれた時の星の配置を基準として、あなた自身の生き方や傾向、今はどういう時期なのかを鑑定することを得意としています。

 

天職や適性などを鑑定するのも得意です。

 

西洋占星術は世界中で活用されているために、そこで蓄積された情報が膨大であり、的中率も自然と高くなります。

 

また、紫微斗数・四柱推命は中国を中心としてアジア圏内で伝統を誇ります。

 

これらはまた、タイミングを鑑定するのも得意です。

 

どちらも星の流れからタイミングを見るために、その人にとって必要なタイミング、行動の時期などを教えてくれます。

 

ただ、この紫微斗数・四柱推命や西洋占星術でもあまり得意としないのが、「今現在はどうなのか?」ということです。

 

紫微斗数・四柱推命や西洋占星術というのはもともとある地図にのっとって現状を把握する占いです。

 

そのため、現実とその地図とに差がある場合、ズレが大きくなってよくわからない場合が出てきます。

 

こういう時に非常に強いのが手相です。

 

手相は生まれた時からだれでも手に書いてあるものです。

 

しかし、これは紫微斗数・四柱推命や西洋占星術とは、また違った変化を毎日します。

 

手のひらの相はご存知の方も多いのですが、結構変化するんですね。

 

だからこそ、今現在の状況がよく出ているのです。

 

そこで、紫微斗数・四柱推命や西洋占星術で本来のあなた自身を鑑定し、手相で現状を鑑定するわけです。

 

するとどの程度の食い違いがあるなかで生きていらっしゃるか分かるようになり、そこからどういう道を選択すると良いかがはっきり分かるようになります。

 

ただ、この手相や紫微斗数、四柱推命、西洋占星術でもいまいち得意としないのが、何かを選ぶ、ということです。

 

たとえば、似たような会社のAとBとではどちらが良いのか、あるいは、AさんとBさんとではどちらが良いのか、または今告白してよいのか、この人と付き合ってよいのかとか、こういったどちらかというと大きな流れというよりも、小さな選択が求められる分野は得意としません。

 

とくに「どうしたらよりよいか?」「何を選んだら良い結果が出るか」などというのは具体的すぎて判断が難しくなります。

 

こういう分野を得意とするのがタロット鑑定です。

 

タロット鑑定というのは「今この瞬間の状況をタロットカードで鑑定する」というものですので、諸条件に左右されません。

 

あなたがどのような人であろうとも、あなたの本心からの質問であれば、タロットカードが良い流れを引き寄せてくれます。

 

このように私が主に扱う九星気学・方位学・紫微斗数・四柱推命・西洋占星術・手相・タロット、それぞれに得意分野があり、それぞれに違いがあるわけです。

 

方位鑑定ではこれらを使うことはありませんが、複合鑑定(総合占い)では様々なご質問やご相談が出てくるので、その内容にあった鑑定方法を選択し、鑑定していきます。

 

そして、この複合鑑定の最大のメリットは、それぞれの占術で出てきた鑑定内容を組み合わせて現状を把握し、今後の方向性を打ち出すことが出来る、ということです。

 

だからこそ、よりあなたに合った占い方法で、あなたにあった鑑定結果が出てくるようになるのです。

 

相談事項がはっきりしていて、それが方位ということならば、方位鑑定を選ばれると良いです。

 

また、私自身、ご相談の内容をみて方位鑑定で良いと判断すれば、そちらをオススメすることも多いです。

 

ですから、もし迷ったらまずは複合鑑定を選んでみると良いです。

 

後はご相談の内容によって私の方でどういう鑑定方法を選んだら良いかなどをご提案させて頂きます。

 

あなたのためのオーダー鑑定だからこそ、ここまできめ細やかにサポートすることが出来ます。
後はあなたが第一歩を踏み出してみるだけです。