苦しくて八方塞がりを感じる時

「欲(求める気持ち)」が大きくなると、「幸せ」を感じにくくなることがあります。

もっともっとと欲しがる状態です。

もっと欲しいの中には欠乏感が強い反面、がんばらなきゃと向上心を持つ中には幸せもあります。

ただし、「がんばることが出来ている幸せ」に気がつけるかどうかも大事なヒントです。

私は幸せの感じ方について、最初の鑑定の中ではほとんど触れることが出来ません。

目の前にある課題や問題への対処を理解するほうが時間が掛かるからです。

でも、占いの行きつくところ、求める事は「幸せ」です。

幸せを感じようとするだけで気づきに変化がでやすい

何をするにしても、すべては「幸せ」に繋がっていてほしいと思っています。

究極「いま、この瞬間を過ごせて幸せだな」と感じられるかどうかです。

でも、占いを受けたいと思うときは、それを感じる余裕がないです。

幸せはどこにでも転がっていると聞いたことがある人は多いかもしれないです。

ただ、感じ方が分からない、分かりにくくなっているだけです。

この時に必要なことは「立ち止まって幸せを感じる」です。

余裕を作り出すところに幸運の秘訣がある

春になるとふとした暖かさを感じ、夏になるとぎらつく太陽を受け止められる力を感じ、秋になると何かの拍子に金木犀(きんもくせい)の香りを感じ、冬になると暖かさのありがたさを感じるかも知れません。

何かを感じたときに、ちょっと立ち止まってその瞬間に身を任せます。

こんな些細ささいなことを感じることが、自分の身のまわりにある幸せを感じるヒントになります。

何かトラブルを抱えていたら、それらを感じる余裕はありません。

余裕がなければ、目の前に「それ(幸せ)」があるのにスルーしやすくなります。

ここに幸運をつかむコツがあります。

不幸を見つける人になるか、幸せを見つける人になるか

今、超絶大変でストレスマックスであっても、立ち止まることを思い出せると少し安心です。

そして、「こんなクソみたいな状態なのに、自分を保てている自分ってすごい」と感じる要素がどこかにないか探してみてください。

大体みんな、クソみたいな状態にいます(笑)。

背景も、環境も、置かれた状況も違うけど、「なんで自分はこうなってるんだろう」という中にいます。

その中で不幸になる人もいれば、その中で幸せを見つける人もいます。

同じ状況なのに不公平ですが、実際に起きる話です。

動きを止めるだけで世界が変わり始めます

違いは「立ち止まって周りを見渡し、恵まれている自分を発見しているだけ」だったりします。

ポイントは「立ち止まれるかどうか」です。

いつでもこれを思い出すようにします。

そして「立ち止まること」です。

立ち止まると周りが視界に入ってきます。

風を感じられるようになり、陽の光、月の光を感じられるようになります。

クソみたいな状況なのに、なんとかがんばれている自分をほめてやりたくなる瞬間が来るかも知れません。

このとき「あ~、これはこれでも幸せなんだな」と気がついて欲しいです。

頑張りすぎているからこそ、ご褒美があった方が良い

自分でちゃんと感じるように仕向けてあげるのがコツです。

なんだったらご褒美を自分にあげても良いです。

ご褒美をあげられるだけでも、何か少し違うからです。

「それしかない状況」であっても、強引に立ち止まり自分に優しくすることで

私がこれまで出会ってきた人で、誰一人精一杯じゃなかった人はいないです。

でも、自分にやさしくしてあげられないことで、「なんで自分はこうなんだろう」となってしまっているケースは多いです。

自分の中の幸せを感じる事で未来が開ける

人はほめてもらうと元気になれますし、安心出来ます。

元気になれば、幸せも感じやすくなります。

幸せの感じ方はコツさえつかめれば簡単です。

一番のコツが、立ち止まって風を感じることです。

意識的に立ち止まる時間が増えていくと、それだけ心が安定していきます。

幸せになりたいなんて思うからおかしくなります。

幸せはなるものじゃなくて、感じるものです。

鑑定一覧オススメ無料占い





関連記事一覧