10月14日~鹿児島市の出張予定です(詳細はこちら)

お盆に実家に帰省をしたいけど凶方位、対処・対策の仕方

お盆に帰省・旅行をするのに凶方位の場合、どうしたら良い?

毎年同じ時期に凶方位になる方位があります。

実家の帰省はお盆やお正月、夏休み冬休み春休みと定期的だと思います。

方位の吉方位や凶方位が気になる人は、この帰省の方位の影響も気になります。

中には方位の影響は無いっていう言葉をより所にしている人もいます。

それで安心出来るならそれでOKですが、実際は関係無いです。

そんなに都合がよく出来ているのであれば、私も楽ちんです。

移動に伴う運気の流れがハッキリする

凶方位には毎年この時期のこの方位は凶方位という定位置があります。

たとえばお盆時期の7月と8月の北東は毎年凶方位です。

凶方位が毎年同じ方位で決まっているのはこの時期に限りません。

この時にどうしたら良いかです。

毎年、その方位が凶方位になる時期に帰省する場合は、今住んでいる場所の生活や実家との関わりを見ていきます。

吉凶の暗示は現実面の不安と一致しやすい

たかが帰省の方位がどうのこうのっていうだけなのにそこまで気にするの?と思いますが、なぜか思い当たる人がいます。

それらも全部含めて「どうする?」という目安を提供してくれるのが占いです。

私は帰省を止めた方が良いとは言いません。

帰省は帰省で大事だからです。

でも、常に凶方位になる時期に行っても良いと安易に言えません。

ポイントになるのは、その人や家族がどの程度方位の影響を受けるのかが一つ。

それに加えて「今、何を重視しているか」を考慮します。

要は何か目指していたり、求めていたりする場合はスケジュールのコントロールが必要になります。

私は占いだからどうのこうのではなく、今の流れの上でどうしたら良いかを判断する必要があると思っています。

状況的に「今は帰省よりも自分のこと、家族の事を大事にした方が良い」という場合は、帰省期間を短くしたり、時期を変えたりします。

行くな?ではなく、考える余地を用意するだけで良い

決定事項では無く足下を見直すタイミングとして受け止めるのは効果的で、流れを変えてくれます。

毎年凶方位だから毎年考えないといけないの?ってなりますが、毎年意識をした方が良いとは言えます。

主に実家との関わりと今の生活の推移で判断の方向性が変わります。

ただ、時期を見ることは大事ですが、帰省先が凶方位の場合でもOKなことがあります。

特に、次にいつ会えるか分からないような時は占いの結果は関係無く帰省を優先します。

その人の置かれている状況によって方位の影響の強弱、受け止め方、かわし方、それぞれ違います。

理屈上は凶方位であっても全てではない

方位の影響は置かれる状況によって変わってきます。

帰省は大事なイベントですし、顔を出せるなら家族だけでなく、ご先祖様も産土神(うぶすながみ)様も喜んでくれます(見えないけど)。

無理をする必要があるときは、無理を通すことも出来ますし、そうじゃ無いときは止める・変更するという選択肢もあってよいです。

毎年同じ凶方位を取る場合、開運のきっかけは柔軟性が鍵になります。

たかが帰省のように見えますが、家族を大事にする、育った場所を大事にするのは自分自身を大事にすることになります。

でも、そうじゃないときに無理をするのは問題が起きやすい可能性があります。

今年はどういうスケジュールでいくか。

毎年の事だからと流れに任せるよりも、今、求めている事がある、あるいは今抱えていることがある場合は状況の把握に力を尽くしてから考えてみると良いです。

いろいろと考えた上での判断は問題が起きにくい

いろいろと考えてもしんどいときはありますが、それでも何も考えないで行動するより大丈夫な事が多いです。

凶方位に行くということは、その流れに乗ることを意味します。

その流れが良い方に向かう凶方位なのか、悪い方に向かう凶方位なのかを立ち止まって考えます。

その一手間が人生を変えます。

【関連するまとめリンク】
「大凶方位の引越しや旅行の方位の影響のまとめ」