お金を拾う、お金が当たる、金運・棚ぼた運は要注意

私は下を向いて歩いているからか、結構お金を拾います(笑)

もちろん警察に持って行きます。

1円が踏みつぶされていたこともあります。

さすがに迷ったあげく拾いませんでした。

1円さん、ごめんm(__)m

今回のテーマは「お金を拾ったり、思わぬところから舞い込んできた場合、正直めっちゃ面倒」というお話です。

舞い込んでくるお金は分不相応、次に繋げる必要があるかもしれないです。

手に入れたお金の使い方が問われる

お金が入ってくるという意味での金運は意外にシビアです。

宝くじも同様です。

「当たる」ということは、「何かの運命を託された」と理解する場合があります。
※金額の大小は関係無いです。

想定外のお金が入ってくる時に何も考えずに使ってしまうと、あとあと持ち出しになりやすいです。

自分だけ美味しい物を食べに行ったり、自分のために服を買ったり、そういうのがだめだよってことです。

巡ってきたお金なので、巡らせることが重要という意味合いです。

本来、金運は正当な対価(何らかの労力を掛ける)がある場合、全く問題ないです。

しかし、正当な対価以外から入ってくるお金は厄介です。

分かりやすく言えば「試されている」ことになります。

偶然手に入れたお金はラッキーじゃない

このお金を使ってみてください、あなたにチャンスをあげます。

さて、あなたはそのチャンスをどう使いますか?

え、そんなことに使うの・・・。

まだまだ修行が足りませんね。

というおとぎ話の声が聞こえてきそうです。

私がお金を拾ったりするときは「う、どうしよう」って思います。

でも、とりあえず拾います(笑)

で、届けます。

その後でその金額以上に周りの人に使うようにしています。

結局、持ち出しの方が多くなりますが、それで帳尻が合います。

巡ってきたお金を人のために使うことで「お金を金運に換金している状態」です。

棚ぼたのお金は金運に変えると後で成長して帰ってくる

金運は何にでも変えられる上に、お金以上に汎用性があります。

棚ぼたで入ってきたお金は快適に巡らせていくことで金運も快適さも向上します。

これはお金の場合に限らず、誰かに何かをして貰った場合も似ています。

自分が何かをしてあげて、その対価で戻ってくるモノは良いのですが、相手から運を分けて貰っている場合はお返しが必要です。

そうやって自分と自分の周りにある運、流れのバランスを取っていくことです。

そうすれば拾って儲けた、当たって儲けたというモノ以上のものが「後で」巡ってきてくれます。

金運は必要な時に形になってくれる

金運は目の前じゃ無くて巡り巡って必要なタイミングを見定めてきてくれます。

この仕組みが分かっていると、突然の収入も「これってどういう事かな」と整理出来ます。

その上でやることをちゃんとやっておけば、忘れた頃に大きなお土産を持ってきてくれます。

これがうれしい!

運を巡らせないとどんな感じになる?

注意したいのは相手から分けて貰っている運を自分の所で止めてしまう場合です。

いわゆる貰いっぱなしの場合、本人的にはお得に見えます。

実際には出費が増えます。

しかも、肝心なところで困るようになります。

なんだか分からないけどお金にはあまり困らないんだよねっていう知り合いがいたらよく見てみてください。

人に尽くしている人が多いと思います。

これは自分に巡っている運を周りにどんどん巡らせている状態です。

結果として困った状況になりそうになったら、周りに巡らせた運が自分の所に戻ってきて助けてくれます。

運は巡るものという理解はとても大切です。

【関連するまとめリンク】
「運・運気・運勢を良くする、幸運のつかみ方のまとめ」

鑑定一覧オススメ無料占い





関連記事一覧