こだわりが自分を苦しめるときは、こだわりを再確認する時期

当たる占い師との出会い方

迷っている状態は自分がやっていることが分からなくなっている状態です。

占いはこの状態から引っ張り上げてくれる効果を持ちます。

引っ越しなどで方位が急に気になるというのも同じ状態です。

「どこかで」本当にこれで良いのだろうかと思う部分があり、それが出口探しに繋がっています。

凶方位の良し悪しよりも、その方(これで本当に良いのかどうか)が重要ということにはなかなか気が付けないのです。

私は商売をで占いをやっていますが、「凶方位は怖いから何とかしたほうが良いよ」という伝え方はしないようにしています。

運勢・運気が悪い事よりも今の状態に問題がある

今ある自分の状態に問題が少ない人の場合、たとえ凶方位だったとしても、やはり問題が起きにくい傾向があります。

結果的に方位が気になることで自分自身を振り返る、家族の状態を振り返るきっかけになっています。

大丈夫なこともあれば、やばいこともあります。

これは引っ越しの話ですが、どんな場合でも迷う時は、そのこだわりが自分にとって良いのかどうかという目安が欲しいです。

その時に一つの手法として客観的に見てくれるのが占いです。

全く無関係の人間が相談者のこだわりを分析するわけですから、ある意味で乱暴です。

行き詰まった状態から抜け出させてくれるのが占い

占い師にもいろいろといますが、私の場合は、まずその相談者と私の扱う占いとのすり合わせをします。

どの程度私の占いと一致しているのか、どの辺がずれているのか、そのすり合わせをすることで、相談者のこだわりに対する目安も微調整できます。

これって時間が掛かるんです。

「占いの答えだけをだす」なら簡単です。

見えているものを言えばいいのですから、良いよ悪いよというだけです。

問題はここから先です。

「じゃあどうしたら良いですか?」と相談されることがあった場合、その人に合わせて占いの結果を調整する必要があります。

占いの結果だけでは必要な答えが分からない

占いの結果だけというのは数値みたいなもので、その数値は一般的な数値です。

相談者に合わせた数値に微調整しないと、相談者が自分で占いの結果に合わせるしかなくなります。

だから最初に相談者と占い師側のすり合わせが必要になります。

私はここに時間を掛けてます。

そうすることで占いの結果と相談者のこだわりを比較しやすくなりますし、一番の効果は「このこだわりを持ち続けて良いのかどうか」がはっきりすることです。

客観視が出来るなら何でも良い

でも、誰もがそういう風には出来ないから占いが生き残っているとも言えます。

今やっていること(やろうとしていること)に自信が持てなかったり、不安が強くなったときは信頼できる占い師さんに相談されてみることです。

「こだわりの可否」は意外とはっきり出てくるものです。

【関連するまとめリンク】
「運・運気・運勢を良くする、幸運のつかみ方のまとめ」



関連記事一覧