不安でたまらない時

思わぬことばかり起きて精神的に参ってしまうことがあります。

こういう時は少しでも早く、お腹いっぱいに食べて、甘い物も食べると効果的です。

不安を感じるときは体も消耗していることがあるので、まずは食べるところからスタートします。

そして、その後、寝ます。

更に出来るならば汗をかくほど運動します。

これで精神面も含めて全体のバランスを意識的にとっていきます。

不安な時は出来る事を明確にするところから始める

人は不安だろうが何だろうが、今できること以上の事は出来ません。

台風が来た、地震が来た、停電になったという災害であっても、リストラにあった、親の介護が必要だというようなことであっても同じです。

日頃から何かあった時に備えて準備が出来るなら、本当はその方が良いです。

でも、日頃の備えはお金の支出や労力に繋がるのでしんどいです。

備えが出来る人でも不安を抱えます。

備えが出来る人と出来ない人では不安の質が違います。

備えが出来る人は「こんな感じでOK?他に何か必要なことある?何に備えたら良い?」という感じで、更にしっかりとしたものを求めるために占いを受けられます。

備えが出来ない人は必要な事は理解していますが、頭の中だけでぐるぐるしているので、何か起きたときに後手に回ります。

目の前の事に振り回されながら、今後どうしようと更に強い不安を感じて占い師に相談されます。

どちらの場合も占い師がやることは、未来のために今何が必要なのかをはっきりさせることです。

あれこれ考えるから不安が解消されない

不安感は「本当に必要な事」に対処が出来ていないことから生まれやすいです。

たとえば、どこかで地震があったときに「うちは何も準備出来ていない」という感じです。

日常の中でまぎれてしまい、よそで何かあったときに我が身を振り返り、もし何かあったらと不安になります。

対処は簡単です。

とにかく何か一つでも準備に関連するものを用意します。

ちゃんとしようとするのではなく、今すぐ出来る事にします。

これによって「対処」が意識され始め、他にも出来そうなことに繋がっていきます。

多くの不安はこれと似たような状況になっています。

ほんのちょっとの事なのですが、あれこれ(お金の事とか)と考えてしまい身動きが取れず、更に不安が強くなります。

これが行きすぎると負のループになってしまうので、不安を感じたときが対処のタイミングになります。

勘違いをしやすいのが「今掛ける労力や出費がムダになるのでは?」です。

お金と労力を先に掛けるか、後に掛かるかの違い

今の不安の対処は将来必要になるかもしれない対処になります。

健康のために運動をするのと似ています。

今、運動をしなくてもへっちゃらですが、20年後は体のあちこちにガタが来るかも知れません。

もちろん、ガタが来ないかも知れません。

リスクに対する備えなので、リスクが起きなければ問題無く過ごせるメリットだけが残ります(健康的かどうかは別にして)。

風邪を引く例を出すと分かりやすいでしょうか。

風邪にならないためにマスクを買ったり、栄養のあるものを食べたり、寒くならないようにホットカーペットや空気清浄機、加湿器を買ったとします。

結構なお金が掛かっているように見えますが、風邪を引いて病院に行き、数日~1週間しんどいおもいをすることを考えれば、快適に過ごせて風邪も引きにくいならお得です。

もちろん、環境を整えていても風邪になることもあります。

でも、軽めに収まるかも知れません。

リスクはゼロには出来ませんが、軽くすることは出来ます。

不安の対処は無理をすると続かないので、やりやすいことから始める

リスクのために準備をする、労力を掛ける、お金を掛けることは、あとあと掛かるお金や時間、消耗を考えるとプラスマイナスで行けば圧倒的にプラスです。

ただし、すぐに出来る事とそうじゃないことがあるので、その優先順位を明確にしていきます。

そして、一番身近にある事から手を付けます。

ここら辺で相当楽になってきます。

人が不安を感じるときはコントロール出来ない事を抱えている可能性があります。

コントロール出来ない状態からコントロールしていこうとすることで、状況が変わり始めます。

この先が不安でたまらない時は不安と向き合い、今必要な事を一つずつやることで楽になります。

運気を上げるとか運勢がどうのこうのは、不安が落ち着いてきた後、他に何が出来るかな?って時にやれば良いことです。

今必要な事は不安に対してすぐ出来る事からスタートさせる事です。

一緒に読んでみてください↓

鑑定一覧オススメ無料占い





関連記事一覧