この占い師とは相性が合わない・・・そう思ったとき。

占いはきっかけにも毒にもなります。

占い師と相性が合わないことはあります。

私が自分で占いを受ける場合でもあります(笑)

こういうときは占いを受けたこと自体を無かったことにするようにしてます。

それがいくら高い料金だったとしてもです。

「合わないな・・・」と感じた瞬間に、その占い自体が言葉は悪いですが「毒」になるためです。

もちろん、この「合わない」というのは、占いの結果が嫌なことしか言わないから合わないということではありません。

占い師との相性は置かれている状況で変化する

占いで厳しい結果が出た場合、現状も実際にしんどく厳しい場合があります。
参考:「物が壊れるのは運が良い?それとも不運のシグナル?」

このため占いの結果で判断するのではなく、占い師とのやりとりの方を私は優先しています。

何となく嫌な感じがする、気持ちが落ち着かない、居心地が悪い場合は、相性が合わないです。

この相性の合う合わないは「今現在の自分にとって」という条件が付きます。

相性は、その人の状況によって全く違ってくる場合があります。

相性は時間と共に変化するから焦らない

昔は全然だめだったのに、今はとっても仲の良い友人というのもあります。

これと同じで、自分の置かれている環境や精神レベル、経験、人生観などの変化によって、合わなかった相性が重なり合うことがあります。(合っていたものが合わなくなることもあります)

だからこそ、「今は」という条件が付くわけです。

そして、「今は」合わないのですから、無理にあわせなくて良いです。

特に占いは感性の世界との関わりが重要です。

私の占いも初めてのお客様に対しては、占いの料金の一括返済など、支払いの選択権をお客様にお渡ししていますが、その理屈も相性にあるためです。

占いの結果が思っていたのと違う場合も受け入れられる?

占いの結果をあるがままに受け入れることが出来る人は、占い師の言葉が受け入れられます。

しかし、そうじゃない人もいます。

そうじゃない人にとって1円でもお金を払いたくないのが人情です。

だから、私の場合は嫌なら返金しますという仕組みを取り入れました。(初めての人だけです!(笑))

この仕組みは私にとってリスクがあるように見えますが、実際は私のための仕組みでもあるのです。

お金は人の運を容易に変える

嫌な思いをしながらお金を支払われると、私にお金は入ってきても、それ以上のお金が出ていきます。

嫌な思いをされたら早々にお別れした方が、お互いにとって良いです。

相性が合わないと思ったら、鑑定結果は気にしなくて良いですし、その占い師に関わらないのが一番です。

ここさえしっかりしていれば、バランス良く占いを活かすことが出来ます。

紙などで鑑定結果を貰っている場合は、勿体なくても鑑定結果は破棄した方が身のためです。

嫌だと感じているものを持てば持つほど、良いことは起きにくいからです。

時間を少しおいて占って貰うと流れが変わる

占い師との出会いは運命の節目になることがあります。

嫌な想いをする占い師と出会ったときは、「今は時期じゃない」と冷静になるタイミングです。

焦るのではなく、一呼吸おいて、時間をおいて、それでも誰かに占って貰いたいときはじっくり探します。

焦って占いを受けるほどにしんどい占いになりやすいです。

何かの拍子に気持ちが上向いた瞬間に他の誰かに占って貰うと良いです。

同じ状況は続きません。

占って貰うタイミングを意識することで、今度はあなたに合う占い師さんに出会える可能性が高まります。

一緒に読んでみてください:「あなたに合った占い師の見つけ方 」

【ここで取り上げたリンク】
「物が壊れるのは運が良い?それとも不運のシグナル?」

鑑定一覧オススメ無料占い





関連記事一覧