どんなきっかけでも、つかむ人は運のある人、変化をしようとすることでチャンスが来る

よくある話ですが、不運は押し寄せ、幸運はつかむものです。
不運というのは招かれもしないのに向こうからやってきてしまいますが、幸運からやってきてくれないというか幸運は静かに通り過ぎるので、自分でつかむ必要があります。

結局、自分から行動する必要がある、といういつものお話です。
引っ越しや旅行の方位の相談では、とにかく大凶方位を気にされる方が多いです。

気にする理由は「不運は怖い」というのがあるからですが、状況によっては動いた方が良いです。
大凶方位を無意識に選んでいる場合、「自分の運気が下がっている」か「運気が下がり始めている」ということが多いです。

占いを現状の自分を知るために使えると、どうしたら良いかも分かりやすい

占いを現状の自分を知るために使えると、どうしたら良いかも分かりやすい
このとき状況的に方位の影響を目安に出来る人なら「流れを変える!」と思って吉方位旅行に行くという選択肢がとれます。
ここで大切なポイントは「運を良くしたい」と思うなら、「運に刺激を与える」ことがポイントになることです。

いろいろな事が怖くなって身動きが取れなくなる、決断が出来なくなる状態ほど運気は下がりやすくなります。
動けなくなってその場所で停滞することのデメリットです。

人は運勢の後押し、運命の後押しなど見えない流れが出てくると、何故か「なんとかしたくなる」というのがあります。
でも、どうして良いか分からないから、不安が強くなったり、気持ちが焦ったりして逆に動けなくなる感じです。

自分で作り出した環境に「素直」に従い、状況を見る

「こうしてみたら?」という占い師の言葉に合わせます。
言われたことが好きかどうか、やりたいかどうかで判断するのではなく、「自分が作ったきっかけに乗る」ことです。

占い師に相談する場合、どんな経緯があったとしても、そこには何とかしたいという見えない力が作用しています。
運のある人は大抵無意識に自分の状態に合わせ、素直に占い師の言葉に沿って行動をとってます。

じゃあ、自分で運を呼び寄せるなら、意識的に占い師の言葉に合わせて、意識的に今を変えていけば良いです。
私の鑑定の場合、人によるのですが「この人はいま、動くこと自体が運命を変えていく」と気がついたら、とにかく具体的な話を大切にします。

占いを受けるようなときは、大抵は動き出すか、やっていることのやり方を変えるという事が多い

占いを受けるようなときは、大抵は動き出すか、やっていることのやり方を変えるという事が多い
今すぐ出来る事、今すぐ取りかかれることなど、今すぐが大事になります。
占いを受けようとするだけの行動力は大抵、自分自身の運命とリンクしています。

何かあるから「相談してみたい」という流れになっているからです。
特に私の様な占い師に相談される場合、この流れは顕著です。

だって、会うことも見ることも出来ないのに、ブログやホームページの情報だけで思い切って申し込まれるぐらいです。
人生の節目に来ていない限り、そんなの無理です。

やっていることが開運に繋がると感じているともっと良くなるお話「運が良くなりそうに開運のきっかけがある」もご参考までに。







オススメ無料占い初めて鑑定を受けた方の感想鑑定一覧


【新しいブログを作成しました】
いま、このブログは頻繁に更新しています。古いお話を今の時代に合わせて全て修正をしているところです。内容のほとんどは変えているので、前に見たことがあっても「今」の流れに直しました。修正作業が中心になっているため、新しいお話を書く場所が無くなってしまったことから、新しい場所を作りました。お時間があるときはこちらもご覧になってみてください。 「九星気学・占いで幸運を引き寄せ、凶方位の影響を回避する」
さらにお気楽に書ける場所がなくなっちゃったので、めっちゃ緩い「それで良いの?」的などうでも良いことを書けるブログも用意しました。こっちは常時適当に書いてますので、たまにチェックしてみてください。「ちょっと一息、だいぶ一息、肩の力を抜いちゃった」



九星気学トップページに移動

The following two tabs change content below.
占術家 内田和男
占い受けなくて良いよって言う占い師(方位学・紫微斗数・手相・西洋占星術・タロット・家相風水・四柱推命)で、引越しや旅行、生き方で運の流れを読み今の状況を切り替え、不安や恐れを解消していくための鑑定が中心。弱みにつけ込む占い師が嫌いで、自分もそうならないように注意してます。 ツイッターはこちら

関連記事




過去のお話を月別にチェックできます

【LINEのお知らせ】
LINEを導入にしています。IDは kunetwork です。
※ID検索で探してみてください。

鑑定依頼やお問い合わせにご利用頂けます。

 

ページ上部へ戻る