ものが壊れた後に本当の幸運と不運がやってくる

運気をあげる方法

ものが壊れることは今までにも何度か書いてきましたが、今回は少し切り口が違います。

「ものが壊れたらどうすると良いか」

これが今回のテーマです。

ものが壊れる、物がなくなるというのは「起きた」という一つの現象です。

この現象を良いのか悪いのか判断するよりも大切な事があります。

「壊れたもの」にはすぐに対処する

何が壊れたとしても、そこには何か繋がりがあるかもしれません。

昔、私が書いたお話で、三味線が壊れたってお話をしました。

当時、私はいろいろと無理をしていたので、立て続けに壊しました。

上のお話は、この当時、物が壊れることに対する「シグナル」についての切り口です。

今回はそのお話ではなくて「壊れたことによって、どうしたか」です。

当時のお話でいきますと、最初に修理をして貰った修理屋さんとのご縁は切れて、新しくご縁が出来たところと繋がりました。

壊れた物が繋がりを引き寄せてくれる

指輪が壊れたとか、眼鏡が壊れたとか、鍵をなくしたとか、もうホントいろんな事があります。

この時に「どうして?」と悩むと思うのですが、それよりも迅速に「それに関わっている人に当てをつける」ことが大事になります。

指輪ならプレゼントしてくれた相手、修理をしてくれる業者に繋がっていくということです。

眼鏡が壊れたら、これも業者優先でしょう。

鍵も同じですよね。

壊れた物をそのまま捨ててしまうこともあると思いますが、気になるなら「買ったところ」や「与えてくれた人」などに連絡をしてみると良いです。

きっかけをつかむと必要な繋がりが生まれてくる

壊れるということが一つのきっかけです。

このタイミングを放置をして、後で後でってやると不幸が舞い込んでくることがあります。

壊れていた物が後で必要になって困ったとか、壊れていたことが問題で怪我をしたとか、考えられる問題はいくらでも出てきます。

その時になって「不運だ」と感じるものですが、実際には不運でもなんでもなく、ただの不注意です。

人は簡単に過去の自分を棚に上げて不運とか不幸とかに結びつけるのですが、自分を振り返ると現状は過去の延長にあることが多いです。

それなら、今、何か問題が起きる、物が壊れるということが起きても、今どうするかで未来が変わることもあります。

物が壊れるのは変化の表れとは、お伝えしてきたとおりです。

「変化」に良いも悪いもなく、そこに繋がる未来に対して何を選択するかです

この時、占いを使っても使わなくてもやることは同じです。

どうすれば現実と向き合うことが出来、対処が出来るかです。

占いは対処の仕方を効率的にしてくれるだけで、やることは変わりません。

書店で私が手に取る占い関連の本はみんな同じようなことを書いています。

「やるのは自分」という感じの内容です。

このブログをご覧になる人もその辺には気づかれていくと思います。

他に何か手がないだろうか、何かあるのではないだろうかという期待と不安がセットになっているだけです。

これは占い師と話をしていけば解消しやすくなる不安です。

話の内容は占いを必要としなくても、占い師とやりとりをするなかで現実と向き合うと楽になっていくからです。

そうじゃ無い人もいるのは確かですが、物が壊れたことはシグナルの一つでしかありません。

ものが壊れたタイミングに如何に自分を合わせて行くかです。

何もしないという選択肢ももちろんありますし、それが良い場合もあります。

ケースバイケースで状況によって対処の仕方は多様です。

でも、これがきっかけと分かっていると、まずは冷静になれます。

そして、目の前の事に対処しつつ、次に何が起こるだろうかと備える事も出来ます。

備える意識を大事にしていると、大抵の不幸は起こる前に解消出来ます。

一緒に読んでみてください↓

タイトルとURLをコピーしました