タイミングがずれると修正には大きな労力が必要



タイミングが合うと物事がスムーズに進み、タイミングがズレると流れを変えるのが大変です。

タイミングとは占い的には運勢などが目安になりますし、それ以外にも新月や満月、先日から立冬入りしましたが節替わり(せつがわり)もタイミングになります。

ツイッターでもこの時の流れの変化について少しツイートしました。

これらは時の流れとしての目安です。

ツイッターで「運気アップだと思っていたのに体調不良になった」というツイートがありましたが、新月や満月、節替わりは時の流れなので良い時は良いけれど、向かい風になる時もあります。

時の流れは川の流れです

川は流れに沿って流れていきます。

私たちはその流れに乗ってただよっています。

あなたの人生が流れに沿った感じですと味方が増え、物事が良い形に収まっていきやすくなります。

それは楽な人生とは違いますが、充実した人生と言えます。

一方で流れに逆らったり、流れから外れたりすると、労力が多い割に実りが少なく、ストレスも大きいのが特徴です。

この「時の流れ」を占うことは、自分にとって、今、進むときか足場を固めるときかを確認する作業になります

新月や満月などが運気アップと言えるとすれば、それはその新月(満月)の時期が追い風になりやすい時期のことですし、逆に向かい風の時は同じ新月や満月でもしんどいです。

ただし、これらの時の流れは節目である事は変わりませんので、次にどうするか身の降りを考えるには良いタイミングになります。

この時の流れに合わせたタイミングの修正は、運勢のタイミングの修正に比べて労力は少ないです。

時の流れのタイミング修正は現状の延長を選んで行けば良いからです。

でも、運勢のタイミングがズレている場合は、修正がしんどいです

運勢の占いは様々な方法があり、どれも似たような答えになりますが、いわゆる時期じゃ無い時に修正しようとすると、そのズレに比例して多大な労力が必要になります。

運勢のタイミングのズレとは、その人が本来ある生き方を選択出来ていないときに大きくなります。

分かりやすくいえば我慢が多い生き方をしていると、運勢のズレが大きくなります。

運勢のズレとは、本来、選択したり行動に移したりした方が良いタイミング(または動かないタイミング)を逃していることを言います。

本当はそのまま様子をみていた方が良いのですが、人によっては今動かなきゃダメということがあります。

そういう時は動くようにお勧めしていますが、同時に覚悟もして貰っています。

運勢のズレは東京から北海道に行くはずなのに、九州に向かっているのと同じ感じ

向かっている方向を修正するわけですから、その労力がどれほどのものか想像しやすいと思います。

修正をしなくても良い人なら悩んだりしませんが、修正が必要な人だから潜在的に何かを感じ相談されている状態です。

それならやるしかないですし、やった方が良いです。

後回しにしても、時間が先延ばしになるだけで、結局悩みますし、同じ所に戻ってきます。

占いは必要な労力を出来るだけ少なくし、効率よく修正をしていくために活用します。

タイミングのズレを修正し始めれば、これまでのしんどさが楽になっていきます。



無料占いでまずは1つ相談してみる初めて鑑定を受けた方の感想鑑定一覧
【11月に東京以外でお会い出来る予定】
11月10日(土)~高崎市(近隣都市OK)に滞在予定です。滞在時には対面鑑定などが出来ますのでご利用ください(詳細はこちらから)

過去のお話を月別にチェックできます

【LINEのお知らせ】
LINEを導入にしています。IDは kunetwork です。
※ID検索で探してみてください。
こちらのリンクから直接登録も可能です

鑑定依頼やお問い合わせにご利用頂けます。

 

ページ上部へ戻る