運命を変えるために必要な一つのこと

運勢・運命を占いで使いこなして開運

行き詰まったり、八方塞がりな感じがするときは何から手をつけて良いか分からなくなることも多いです。

行き詰まりや八方塞がりの感じがするときは、変化の時期に入り始めている、変化が必要な時期に入ってきている可能性が高いです。

そういった変化の時期に効果的なのは「一つを変えてみる」というやり方です

行き詰まりや八方塞がりは、ほぼ空回りしている状態にあります。

何かをやっているように見えても、実際には地に足がついていない感じです。

こういう状態を占うときは、大事なものは何かをハッキリさせると状況が動き始めます。

占いを使わない場合は、出来る範囲の事で生活を変えます。

たとえば、部屋を大掃除してがんがん断捨離するやり方があります。

普通の掃除ではなく、年末の大掃除並みの掃除です。

他にはジムに行ったり、走りに行ったりするのも良いです。

大きく何かをするのは大変な部分が多いので、一つだけに絞るようにします。

一つに絞るために優先順位を明確にさせます

やりたいことをみつけるとか、やりたいことをやるとか、そういう意味での優先順位ではありません。

気にしなくても何かが出来る人はそれで大丈夫ですが、気持ちばかり優先してしまって、心が空回りをするとしんどくなります。

ありきたりですが、人は出来る事しか出来ないです。

本来はそのはずなのに、気持ちが急ぎすぎたり、疲れすぎたりすると、表面的なことを追いかけるようになります。

そこで何か一つだけ「意識して」とりくむようにします。

意識するところにポイントがあります

ただでさえ変化の時期は物事が動きます。

流されながらでも、目の前の事をやっていくなら良いのですが、空回りをする時はそれすらも難しくなります。

後追いが増え始め、心が折れやすくなります

この状況に対応するために、「意識して取り組む」が役立ってくれます。

意識して取り組むので、他のことより優先されます。

他にやることがたくさんあると思いますが、とにかく今回はこれだけはやってしまいます。

その一つが終わったら、次の一つを設定し、優先的に取り組んで行きます。

とにかく「優先的にやる」「他の事よりも先にやる」が目印です

後は一つ片付けては次の一つを設定するを繰り返していきます

空回りは現実と想いのかみ合わせが悪い状態から起きやすくなりますが、現実と想いがかみ合い始めると物事が動き始めます。

正しいことを求めるのではなく、目の前の必要だと思える事を一つずつ解消していくのがコツです。

正しくあろうとするほどに動けなくなりますし、判断も出来なくなります。

その結果、ますます苦しくなるのであれば、どこかに掛け違いが生まれています。

でも、その掛け違いをひとつずつ調整していくことで、本来ある状態に戻ります。

変化の時には変化の波に乗ってみるとよく、そのために自分で変化を起こしていきます。

もし今、気持ちばかり先行しているときは、一つに絞ってみてください。

そこから一つずつ片付けていくことで、今の運命から違う運命に起動修正されていきます。

タイトルとURLをコピーしました