万能な占いは無い!占いが当てにならないとき

今日の気づき

占い師がたまに言うであろう「ちゃんとした占い師にみてもらう」という表現があります。

ちゃんとした占い師とはなんぞや?って感じなのですが、正直私も理解に苦しみます。

意味は分かるつもりですが、何を基準に「ちゃんとした」と定義するのか難しいです。

自分はちゃんとした占い師って言ったとしたら、うさんくさいです(笑)。

後ろ盾のある世界では無いので「ちゃんとした」と言うこと自体がそもそも偽物くさいです。

結局、実績の有無に帰着する話だと思います。

ただし、実績があっても全ての人に応えられる占いはないと思います。

同じような事を言っているのに片方では納得がいかず、もう片方ではびしばし当たることが起きるのが占いです。

しかも、占いが当たりやすくなる時と当たりにくくなる時もありますし、理屈上は行けてるはずなのに上手くいかないようなケースもあります。

その逆ももちろんあります。

結局、当たる占いというよりも、占い師との相性に行き着いてきます(参考:「一番当たる・正しい占いは無い?」)。

いろんな占い師に見て貰ったけど、結局どうにもならないということもあります。

これは願いが叶わない時のお話です。

願いを叶える確率を少しでも上げたくて様々な手法を取り入れていくわけですが、効果が発揮されないことがあります。

ここで出てくるのが「ちゃんとした占いを受ける」という話になるのですが。

私は基本的に運を天に任せ、出来ることはやっておくことをオススメする占い師です。

自分の身の回りで出来ることはやる、運気も上げておく、タイミングも調整する、人間が出来るのはこれぐらいだと思います。

後はなるようにしかなりません。

良い状態を維持していても無理なものは無理ですが、何かの拍子に違うところから上手くいったりすることもあり、人知は及びません。

願いが叶うにはそれ相応の時間が必要なことも多いです。

特に自分で何とか出来るようなものでなければ尚更です。

求めて行きつつも、今出来ることを積み上げていくと、何かの拍子に機会が回ってくることがあります。

そういったチャンスは占いは関係無いかもしれませんが、闇雲にやるよりも占いを軸にしながらコツコツやっていくのも一つの目安です。

占って貰ったけど全く効果が無かったというケースもあると思います。

効果が無かったとは願いが叶わなかったということです。

この時に他の良い占い師を探そうとするかどうするか。

私なら占いは一旦脇に置くと思います。

自分が望むことに対して最も効果的な選択は何だろうかと整理しなおします。

願い事は現実の世界なので、現実の世界で必要な選択を優先します。

占いは多少要領を良くしてくれますが、それで現実が変わるわけでもありません。

結局、実感の伴う占いは役立つ事は多いけれど、そうじゃ無い占いは不安が強くなるだけというシンプルなところに落ち着きます。

効果が実感出来ないなら他の占いへ行くのでは無く、目の前の必要な事に向き合うためにどうしたら良いかが最短の解決策だろうと思いますし、私もそうします。



関連記事一覧