上手くいかないときは占いも良い結果が出ない、対処の難しさがここにある

上手くいかないときに占いを受ける人がいます。

何とかしたくて占いを受けるわけですが、こういうときの占いは結果も微妙です。

上手くいかないときを鑑定してみると、本来あるタイミングにやることをやっていないケースが多いです。

この場合のタイミングのズレは「動き・判断が遅い」という意味合いです。

基準は占いの結果で動く時期・選択する時期を参照しています。

ただし、これだけでは不十分ですので、相談されている方の現実を鑑定の中に織り込んでいった上での話です。

占いと現実のすり合わせをすると、時間軸のズレがはっきりと出てきます。

本当はこの時期にこういう風にした方が良かったという事をやらなかった結果、今の状態になっているという感じです。

これは凶方位を選んでいる場合によくある話です

凶方位が怖いという方は多いのですが、凶方位の厄介なところは方位の影響ではないです。

その凶方位を選んでいる自分自身です。

上手くいかないときは上手くいかないように自分で選択をしていることが多いです。

それを目に見える形にしてくれているのが凶方位という「選択の結果」です。

この理屈の理解は難しいのですが、「凶方位を自分で選んでいる」とお伝えすれば良いでしょうか。

「凶方位に呼ばれる」という表現がありますが、実際には「凶方位を選んでいる」という方が的確です。

凶方位の意味を簡単にいえば「上手くいかない」です。

上手くいかない=凶方位=占いの結果も悪い、という感じです。

現実と占いがリンクした瞬間です。

私が占いをする上で大事にしているのが「現実との整合性」です。

現実とリンクしていない占いなら意味がありません。

どんなに良い占いの結果であろうと現実味がなくなりますし、どんなに悪い占いの結果であろうと信憑性がないです。

相談される方によっては「大丈夫ですよ」という話になることもあれば、「注意した方が良い」という話になることもあるのは、占いと現実を結びつけるからです。

ここからが本題なのですが、上手くいかないときは占い的にも良い結果が出ない、ここまではしょうがないです

問題はこのしょうがない状態に対して、どういう風に対処するかです。

これが難しいです。

どのような選択をしたとしても、今のような状況にしてきたのは自分自身というのがあります。

その結果として「今が良い」あるいは「微妙」あるいは「きついな~」という感じで実感が伴います。

もちろん、過渡期でどうなるか分からないという状態も多いです。

そのどれであっても、その時々の自分の選択が多かれ少なかれ影響しています。

自分の選択ということは、自分の意識が反映されていて、それが「上手くいかない」流れになっている意味合いです。

意識を変えるのは大変です

いえ、別に変える必要は無いのだけど、現状が上手くいかなくて何とかしたいなら変える以外なさそうです。

でも、相談される方は「このままで何とかならないだろうか」と思っていらっしゃる可能性があります。

だから対処が難しいです。

「変えないと無理だよ」という占い師と、「このままで何とか」という相談者とは並行線です。

こういうときに別の占い師に相談しても、現状は変わりません。

「なんでこんな状態なんだろう」という状態が続きます。

もし、これらに身に覚えがあるようなら対処は2つです

一つは時を待つという手を使います。

言い切りは怖いのですが、この世の中は自分の選択で動いています。

覚悟が決まるまでは待つしか無いです。

もし、今の意識や選択が自分にとって合っていないのであれば、このままでいけば数年程度でにっちもさっちもいかなくなります。

どうしようもなくなって違う選択をせざるおえなくなります。

ここまでくれば、重い腰もあがりますというか、上げるしか無くなります。

これが一つ。

もう一つは「占い師に騙されるやり方」をとります

今の状態は、自分は納得出来ていない、言っていることは理解出来るけど望まない、そういう状態にあると思います。

それでも鑑定結果と現実に実感がある場合は、言われたままにやってみることです。

まともな占い師なら突拍子もない鑑定結果ではなく、今出来る事を少しずつ明確に教えてくれるはずです。

ズレの調整は「いきなりがっちゃん!」という感じで調整する場合と、徐々に修正して調整をする場合があります。

今回の様なケースではいきなりがっちゃん!の方が効果的です

少しずつ積み重なって選択をしている結果が現状で、その現状が好ましくない、しかも自分としてはやりたくないという状況の場合はゆっくりやってもうまくいきにくいからです。

それなら最初に必要な対処をがっちり当てはめてしまって、大きく流れを変えてしまいます。

上手くいかないときは、これまで通りでやるよりも違う手を取り入れる方が上手くいく可能性が高まります。

特にタイミングのズレがある場合は、本来必要だった選択を前倒しでしていく事で帳尻を合わせていきます。

その分大変なのですが、やるだけの価値はあります。

問題は、気乗りがしない、あるいは納得が出来ていない状態でやろうとするのは難しいということです。

そういう場合は行き着くところまで行くのを待ちます。

これも選択ですので。

【ココナラを使うとほぼ無料で電話鑑定が出来ます】
2月22日よりココナラの電話鑑定を行います。条件次第では30分無料で電話鑑定が出来るのでご利用ください(詳細はこちらから)

【条件付き実質無料鑑定を始めました】
2月20日より、条件付きで実質無料鑑定をスタートしました(詳細はこちらから)

【3月に金沢でお会い出来ます】
3月4日(日)~6日(火)は金沢に行く予定にしました。滞在時には対面鑑定などが出来ますのでご利用ください(詳細はこちらから)





初めて鑑定を受けた方の感想鑑定一覧


【新しいブログを作成しました】
新しい場所を作りました。お時間があるときはこちらもご覧になってみてください。 「九星気学・占いで幸運を引き寄せ、凶方位の影響を回避する」
さらにお気楽に書ける場所を確保するために、めっちゃ緩い「それで良いの?」的などうでも良いことを書けるブログも用意しました。こっちは常時適当に書いてますので、たまにチェックしてみてください。「ちょっと一息、だいぶ一息、肩の力を抜いちゃった」



九星気学トップページに移動

The following two tabs change content below.
占術家 内田和男
占い受けなくて良いよって言う占い師(方位学・紫微斗数・手相・西洋占星術・タロット・家相風水・四柱推命)で、引越しや旅行、生き方で運の流れを読み今の状況を切り替え、不安や恐れを解消していくための鑑定が中心。弱みにつけ込む占い師が嫌いで、自分もそうならないように注意してます。 気になることや聞きたい事はツイッターでご質問をどうぞ

関連記事




過去のお話を月別にチェックできます

【LINEのお知らせ】
LINEを導入にしています。IDは kunetwork です。
※ID検索で探してみてください。

鑑定依頼やお問い合わせにご利用頂けます。

 

ページ上部へ戻る