不安な時は自分の運勢を知る

不安感が強くなったり、大きな事・小さな事が気になって仕方が無いことがあります。

普段は気にならないのに急に気になったり、頭から離れなくなる場合には「時の流れ」が影響をしていることが多いです。

時の流れで分かりやすいのは満月や新月です。

同じ満月、新月でもその時々の巡り合わせで人に与える影響も変わってきます。

満月・新月とは別の「時の流れ」

季節の変化なども時の流れの一つですし、占いの中での時の流れもあります。

これは運勢とは少し違っていて、誰にでも影響を与える時の流れになります。

これを知っていると、今のしんどさがどこに原因があるのかが見えてきます。

時の流れは潮の満ち引きと同じなので、何とかするたぐいのものではありません。

何とかしようとするのではなく、時の流れ・潮の流れに身を任せていきます。

運勢よりももっと顕著に分かりやすく、実際に好不調が現実に出やすく、精神面にも影響を与えます。

「時の流れ」には合わせていくことが大事

ここで「時の流れ」に合わせない選択をすると、すごくしんどいです。

不安は更に不安を呼び、心がプレッシャーでつぶれそうになります。

時の流れが味方についているときは、不安が小さくなり自信がわいてきます。

不安が強い時、占いが気になって仕方が無いときは、時の流れがぶつかってきている状態であり、自分もぶつかって行っている状態です。

こういう時は無理をしないことです。

大人しくして、何かあってもおおごとにしないことを優先します。

台風の中で動けばトラブルが起きる可能性が高まるのと同じです。

台風の影響を受けないように大人しくするか、台風の影響を受けない場所で出来る事をします。

こういう時に台風の影響を受けるようなことをすると、後で問題が大きくなったり、トラブルの原因を作り出したりします。

決めないで良いことは後回しにし、今できる最小限のことに専念する時期です。

時の流れを知り、タイミングを合わせる

この時の流れの変化は占いで分かるので、不安でたまらないときは時期を見極めて抜ける時を待ちます。

今の不安は永遠に続くものではなく、時の流れの影響を受けている可能性があります。

時の流れの影響を受けているなら、時の流れが変われば不安も解消されていきます。

時の流れは大きいものから小さいものまでありますが、小さいものなら大体60日ぐらいで変わります。

何をするにしても、不安が強い時、普段なら気にならない占いが気になるときは、出来る事をやった後、しばらくしてから再度向き合ってみると良いです。

時の流れに合わせて行動すると、不運を避けやすくなる

心がざわついているときに無理をすると後で後悔することもあります。

今の不安は時の流れが影響をしているのかもと気がつけば、踏ん張りが利くようになります。

もう少し待てば気持ちが切り替わる可能性があるからです。

それは自分だけで無く、周りも同じです。

今うまくいかないことをごり押しするのでは無く、時の流れが変わるのを待つのも手です。

自分が感じていることが全てでは無い、外から影響を受けている可能性もあるということです。

それを知っておくだけでも楽になることもあります。

あなたが原因ではないかもしれないからです。

一緒に読んでみてください↓

鑑定一覧オススメ無料占い





関連記事一覧