不幸じゃ無いのに不幸になる人

不幸じゃ無いのに不幸になる人なる人がいます。

凶方位の影響は気にしなくても良いですとお伝えしても、「凶方位の影響はあるはずだ」という感じになる人に似ています。

私は方位の影響を実感とすり合わせをしながら、どうしたら良いかを占います。

人によっては凶方位でも大丈夫ということもあれば、大丈夫じゃ無いけれどとりあえずこうしたら良い、という感じでお伝えします。

「大丈夫だよ」と言ってるのに、その言葉を信じられない人は自分(本人)を信じられない人

占いの手法は様々ですが、結局、本人にとってどうなのか?というところに行き着きます。

良くても悪くても実感があることは本当のことであり、そこには嘘のつきようがありません。

とくに占いのようによく分からない世界は、言いくるめようと思えばいくらでも出来る世界です。

だからこそ、過去がどんな感じで、今がどうなのかという本人の歴史や実感が大事です。

今はネット上に情報があふれているため、何が本当か嘘かを見極めることが読み手に求められます。

ところが、それを見極める事は容易でないので大変な上に、その内容が怖いことだと簡単に信じます。

しかも、その情報が本当か嘘かという検証も無く、「こうすれば良い」と言われることを盲信したりします。

吉方位で運気が上がるとなれば「本当?」と思いつつも、「私は信じる!」みたいな感じになることもあります。

他に判断材料を持つ事が出来ないなら、関わらない方が良い

私が方位鑑定の依頼を受けても、「このケースなら気にしなくて良いです」とお伝えすることはよくあります。

でも、相談される方は納得いかない感じです。

占い師さんによっては依頼されたら、それが相談者にとって不要でも占う人もいます。

それは目先の欲求を満たすという点では良いサービスだと思いますが、結局、相談者自身にとっては考える力を奪い、問題を先延ばしにしている可能性があります。

今必要な事を先延ばしにすると、数ヶ月か数年か分かりませんが、今よりもしんどい状況で似たような状況が再現されます。

方位の影響をそこまで心配しなくて良い人なら、他に気にした方が良いことがあるかもしれません。

要はその人にとって大事なポイントが違うという話です。

問題じゃ無いところを問題にしようとしても、あとあと「これじゃない」となります。

占いも様々ですが、問われたことに答えを出す以外に、問われたことが重要かどうかの見極めをする占いもあります

大抵のケースでは気になっている事がメインではありません。

凶方位を避けたいということはあるにしても、凶方位の事は気にしなくて良いと言われてもしっくりこない場合、そこじゃないからです。

そこじゃないのに凶方位の事ばかり気にしてしまう人は、不幸じゃ無いのに不幸になっていきます。

占い師側からすれば、それこそが凶方位の影響!とばかりに言いそうなお話です。

この話の問題点は不安になることが悪いという意味合いでは無いです

不安になったとしても自分の状況が理解出来、どうすれば良いかが分かれば良い人は、大丈夫な人です。

大丈夫じゃ無い人は、大丈夫だよって言われているのに大丈夫と思えない人です。

自分が分からなくなっている人、自分を信じられない人に多い状態です。

この状態の対処の仕方の一つとして根っこを掘り下げていく手法があります。

不幸になりたくない人はどこかに目を背けている問題を抱えています

問題は誰もが抱えているものですが、不幸になりたくない人はその問題を見ないようにしている可能性が高いです。

その自分自身の姿が影響をして、自分を信じられなくなっています。

目先の事を占っても一時しのぎで、また同じような状況を繰り返します。

同じような状況を繰り返さないためには、見ないようにしていることに向き合う事が必要になります。

自分に必要なことが分かり、そこに向かって進み始めると不幸じゃ無いのに不幸になることは無くなります。





過去のお話を月別にチェックできます

【LINEのお知らせ】
LINEを導入にしています。IDは kunetwork です。
※ID検索で探してみてください。
こちらのリンクから直接登録も可能です

鑑定依頼やお問い合わせにご利用頂けます。

 

ページ上部へ戻る