不運のシグナル

不運だと思うことでチャンスを逃します。

今回は「不運のシグナル」についてです。

不運については「不運を呼び寄せる法則、不運を乗り越える準備」でも書いています。

わざわざ不運を取り上げるのは、「知っていれば」修正が効くからです。

不運のシグナルは少し分かりにくいです。

不運は「そのタイミングにならなければ起きない」です。

分かりやすいのは交通事故です。

1秒でもタイミングがずれると事故は起きない。

ところが、この1秒がものすごく重いのも交通事故です。

なぜかと言いますと

事故は1秒違えば会わない可能性が高まるから

ただし、交通事故が単純に不運とは限りません。

分かりやすい例としてあげただけで、トラブルがそのまま不運には繋がらないのです。

これが難しいです。

実際、私の知り合いに交通事故で知り合って結婚された方がいます。

ほんと(笑)

判断が難しいのですが、事故によって凶運を発散するっていうのもあります。(参考:「問題や嫌なことが起きたときのシグナルとは」

こういう事故は大事故に繋がらないです。

自損か物損で済みます。

こういうことは「不運に見えるけれど不運ではない」と判断するわけです。

その瞬間だけみると分かりにくいです。

じゃあ、不運のシグナルってなんなのか。

不運はトラブルを拡大してしまう

分かりやすいのは「タイミングのずれ」です。

ただのタイミングのずれではなく、つかみ損ねたお陰でトラブルが拡大します。

先ほどの交通事故を例に出しますと、予定通りに出発出来なくて何か余計な話が急に飛び込んできた。

その結果、少し急いでいた。

事故を起こした。

相手が無保険車でトラブルが長引いた。

という感じです。

実際にはもっと厳しい状況を不運が引き寄せる

お話したいのはこれ自体も不運ですが、それ以上に意識したいのが「運が下がっていることを理解する」ことです。

不運も幸運も事前にシグナルが出ていることが多いです。

不運の場合はタイミングのずれ、幸運の場合はタイミングの一致です。(タイミングの善し悪しはまた別のお話)

しかも、無意識の行動の結果というのが特徴です。

たまたま行ったらチャンスを手に入れた、たまたま行ったらチャンスを誰かに持って行かれた後だった、こういうことはその場限りで終わらせやすいのですが、そう簡単でもないです。

歯車が狂い始めるとタイミングがずれていく

今やろうとしていること、あるいは今判断しようとしていること、あるいは判断を保留にしようとしていることが、流れを更に悪くしている可能性があるということです。

しかし、普通はそこまで意識しないために大きな現象が起きるまで気づかず、結果的にきつい状況になりやすいです。

これを避けるためにも「タイミングのずれ」に対する意識は重要なポイントになります。

タイミングを意識しているだけで、余計な災難から逃れられることも多くなります。

【関連するまとめリンク】
「不運・不幸を呼ぶシグナルの受け止め方まとめ」

鑑定一覧オススメ無料占い





関連記事一覧