不運を呼び寄せる法則、不運を乗り越える準備

運気をあげる方法

不運を間違えて理解すると現状から抜け出せなくなります。

不運は起きます。

不運とは「予測できない嫌なこと」です。

ただし、大抵の不運は「予測できる」ことが多いです。

だから、本当はそれは不運とは言わないです。

まずはここを明確に線引きして下さい。

そうじゃないと、知らないうちにネガティブ思考がこびりついちゃって、必要な意識や対処がおろそかになり、もっともっと不運になります。

トラブルが起きて不運だ!と思っても、それは準備不足か勘違いかが多いです。

こういう不運っぽいものは状況の分析が可能です。

原因があるからこの結果にたどり着いたという感じです。

ある意味で不注意なのだから、不運だと言ってる場合じゃないです。

予測出来ない不運に対処するために必要なこと

本当?の不運は予期・予測ができないです。

どういう風に事前に準備をしても「こりゃあ備えることは無理なんじゃない?」ということが起こりえます。

予測が出来ずに起きてしまうこと、それが「不運」だと思ってください。

これは避けられないです。

避けられない不運をどうするか?が今回のテーマの中心になります。

対処の仕方は「自分の運を高めておく」ことに繋がります。

運を持つ、運を育てる、運をつかむ、伝えたい意味は同じです。

私がお話していることは、全部、「自分で運を何とかしていこう」とするものです。

吉方位旅行の話も、風水や家相の話も、開運グッズとして万年竹やパワーストーン、オルゴナイトの話も同様です。

ついでに、日頃の行いも(笑)

自分で運を上げていくことで不運に対処しやすくなります

運を高めておくことが「不運が起きたとき」に力を発揮してくれます。

日頃から運を意識していると、災難にあっても何とか切り抜ける道筋が出てきます。

運が全てではありませんが、運が良い状態を意識していると「何とかなるのでは?」と勘が働くようになります。

運は関係無く、出来る事は何でもするというスタイルもありますが、見えない安心感に繋がるのも、運を上げているという意識が力になります。

結果的に日頃から運を意識していると流れを呼び込みやすくなります。

不運は避けられないけれど、どうせ起きるならこのタイミングでというのがある

日頃から運を意識し育てていることのメリットは、予期せぬ不運に対する対抗力が強くなることにあります。

不運は起きますし、これは運命だと思います。

それを予測することはほぼ不可能ですし、予測できるならばそれは不運じゃないって言っても良いぐらいです。

予測できない不運に対して、日頃から運を育てていくと「そのタイミングで不運が起きてくれたから助かった」というタイミングを引き寄せます。

運を意識する上で一番のメリット

私はお客様にもよく言いますが「うわ~、大変だ~」と状況のご報告を受けたとき、運が良い状態にあることが分かったときは「でも、今起きてくれて助かりました」と言います。

運の準備が出来ていない、運が育っていないと、本当に最悪のタイミングで不運が起きてくれます。

なんでそのタイミングで・・・(>_<)

だからこそ、自分の運を整える、運を確保しておくって大事だと思うんです。

不運は起きるからしょうが無い。

年を取るのと同じです。

起きる不運に対して、準備が出来るならば準備をしておいた方が良いというのが私の想いです。

占いも、開運グッズもお金が掛かります。

それを眉唾と思うのは自由です。

一方で「それがあるお陰で助かっている」という世界もあります。

不運は起きる。

でも、どうせ起きるなら最も被害の少ない形で起こさせる。

これも運をコントロールする一つの方法です。

【関連するまとめリンク】
「不運・不幸を呼ぶシグナルの受け止め方まとめ」