現在、ブログの見た目を調整中です

【2018年版】不運・不幸を呼ぶシグナルの受け止め方まとめ

不運・不幸がどんな形でやってくるのか、身の回りに起きるシグナルを理解することで上手に受け止められるようになります。

ここではシグナルなどについての受け止め方をまとめています。

不幸や不運を続けさせないコツ

不幸や不運が立て続けに起きるときはそうなるような時の流れ(運勢)になっていることがあります。
問題がどこから起きているのかを明らかにし、負の連鎖を断ち切っていきます。
占い的に分かる事で現実で対処していくことで流れを変えていきます。

問題が起きたときに対処を先延ばしにするか、それともすぐに行動に移すかで状況が変わることがあります。
不運が不幸になるときは必要な時に必要な対処が出来なかったとき、問題に対処しなかったときに起きやすいです。
現状を把握し、どうすれば良いかを理解することで、負の連鎖を断ち切る可能性を高められます。

運・運気・運勢が良くないと感じる時

運気・運勢が良いはずなのに良くない時

いつも運気アップを意識しているのに何故か良い感じにならない、不思議と問題が起きる時には大事なポイントが抜けていることがあります。
現実が良いと運気の良さ、運勢の良さも良い感じで追い風になります。
まずは身辺をチェックするところから始めると良いです。

何かが壊れることは不運や不幸じゃ無いこともある

物が壊れたり病気になったりすることが不運や不幸だと感じることもあると思います。
その一面もあるのですが、今物が壊れてくれたことで助けられることもあります。
身の回りの変化があなたにどんな影響を与えているのか、それを知る事で状況が変わっていきます。

占いのとおりにやらなくても、占いを信じなくても不幸も不運も呼び寄せない

占いを受けると占いの通りにやらないと不運を呼ぶのでは無いか、不幸になるのでは無いかと怖くなることがあります。
でも、占いが原因でどうのこうのなることはありません。
占いは不運や不幸を呼ぶために存在するのではなく、不運や不幸を解消するために存在します。
そこから外れている占いなら信じる必要はありません。