【2018年版】不運・不幸を呼ぶシグナルの受け止め方まとめ



不運・不幸がどんな形でやってくるのか、身の回りに起きるシグナルを理解することで上手に受け止められるようになります。

ここではシグナルなどについての受け止め方をまとめています。

不幸や不運を続けさせないコツ

不幸や不運が立て続けに起きるときはそうなるような時の流れ(運勢)になっていることがあります。
問題がどこから起きているのかを明らかにし、負の連鎖を断ち切っていきます。
占い的に分かる事で現実で対処していくことで流れを変えていきます。

問題が起きたときに対処を先延ばしにするか、それともすぐに行動に移すかで状況が変わることがあります。
不運が不幸になるときは必要な時に必要な対処が出来なかったとき、問題に対処しなかったときに起きやすいです。
現状を把握し、どうすれば良いかを理解することで、負の連鎖を断ち切る可能性を高められます。

何かが壊れることは不運や不幸じゃ無いこともある

物が壊れたり病気になったりすることが不運や不幸だと感じることもあると思います。
その一面もあるのですが、今物が壊れてくれたことで助けられることもあります。
身の回りの変化があなたにどんな影響を与えているのか、それを知る事で状況が変わっていきます。

占いのとおりにやらなくても、占いを信じなくても不幸も不運も呼び寄せない

占いを受けると占いの通りにやらないと不運を呼ぶのでは無いか、不幸になるのでは無いかと怖くなることがあります。
でも、占いが原因でどうのこうのなることはありません。
占いは不運や不幸を呼ぶために存在するのではなく、不運や不幸を解消するために存在します。
そこから外れている占いなら信じる必要はありません。




初めて鑑定を受けた方の感想鑑定一覧
【6月に上越市でお会い出来ます】
6月11日(月)~14日(木)の上越市に滞在致します。滞在時には対面鑑定などが出来ますのでご利用ください(詳細はこちらから)


【新しいブログを作成しました】
新しい場所を作りました。お時間があるときはこちらもご覧になってみてください。 「九星気学・占いで幸運を引き寄せ、凶方位の影響を回避する」
さらにお気楽に書ける場所を確保するために、めっちゃ緩い「それで良いの?」的などうでも良いことを書けるブログも用意しました。こっちは常時適当に書いてますので、たまにチェックしてみてください。「ちょっと一息、だいぶ一息、肩の力を抜いちゃった」、このメインブログの投稿を大幅に調整しましたが、調整され削除された投稿は「九星気学で引っ越し・旅行の凶方位も対処する」に引っ越しをしました



九星気学トップページに移動

The following two tabs change content below.
占術家 内田和男
占い受けなくて良いよって言う占い師(方位学・紫微斗数・手相・西洋占星術・タロット・家相風水・四柱推命)で、引越しや旅行、生き方で運の流れを読み今の状況を切り替え、不安や恐れを解消していくための鑑定が中心。弱みにつけ込む占い師が嫌いで、自分もそうならないように注意してます。 気になることや聞きたい事はツイッターでご質問をどうぞ
ページ上部へ戻る