吉方位がとれない、旅行・引越しの出来る方角がない

九星気学・方位学の吉方位

吉方位が物理的に少ない場合、その方位の影響に対する欠けの可能性があります。

吉方位旅行や引越しは東西南北、どこでも行ける人もいれば行けない人もいます。

今、私は東京に住んでますが、結果的に東や南は陸路続きで100km以上の場所はありません。

島なら行けますが、移動時間を考えたら、飛行機や船が出なかったら大変なので、躊躇しちゃいます。

ましてや海に隣接している人などは、そっち側には海外旅行に行くしかないってことになります。

以前、沖縄に行ってきましたが、島の場合はなおさら難しいです。

距離よりも日数でカバーして吉方位の影響を高める

方位の影響は「行動量(または重要度)」に比例します。

距離が少ない分、移動による行動量は減りますが、日数を増やす分、滞在による行動量を増やします。

ただし、海側に行ける場所があればですけど。

私が前住んでいたところは、歩いて20秒ぐらいで海でした(笑)

キャンプをするにしてもキャンプが出来る場所じゃなかったです。

海外に行くか、他の方位でかわりにする

行きたくても行けない状態は方位的に欠けがあるために、その方位を取ることは出来ません。

このため、厳密にその方位の特性を取り入れたい場合は、別の方位に取りたい特性がまわってきた時に取るようにします。

それこそタイミングをはかることになります。

ただし、希望の方位がとれるかどうかはそれほど重要ではありません

ここまでのお話は「希望の吉方位をとれるかどうか」ということでお話をしていました。

でも吉方位の目的は「運気を上げること」です。

だからこそ、結婚の方位や子宝の方位、仕事の方位が大事なのでは?という理解があるのも確かです。

運気を上げていく事で結婚などのご縁を繋いで行くことは可能

方位の違いはあっても、運気に色はありません

まことしやかに〇〇方位に行くと願いが叶うという風な内容を見ることもあると思います。

でも、そうなると〇〇方位に行けなければ願いは叶わない?という懸念が出てきます。

占いは幸せになるために使うものであって、「しなければならない」感じだと運が逃げてしまうこともあります。

とれる吉方位がないなら、そのほかのとれる吉方位を取りながら願い事を叶えるためのアプローチを変えていきます

特定の吉方位をとるよりも、運気を上げていく中で幸せを掴んでいく方がやりやすく、また快適な人生になりやすいです。

【関連するまとめリンク】
「吉方位旅行・引っ越しの効果・影響のまとめ」



関連記事一覧