今起きている事が必要なことなのか?自分に合った選択の結果なのか?自分は何処に向かっているのかを教えてくれるのが占い

人はその選択の結果と現実の二つが結びついて未来を作って行ってます。

もちろん、他にもいろいろな要素がありますが、占いをする時は何を想い、望み、選び、行い、受け入れているかによって運命が変化していきます。

もともと運命は一つでは無いです

様々な運命をその都度その都度選んでいる感じです。

私が引越しの鑑定を重視するのは、引越しは運命の転換期であることが多いからです。
参考:「引っ越しは運気を変えるだけでなく、運命まで変えてしまう」

これも人によります。

引越しが多い人はその理由によっては運命の転換というよりも、日常の延長の場合もあります。
参考:「移動の多い人はたくさん方位を取るから方位の影響は受けない?」
参考:「単身赴任や転勤族の方位の影響はどうなるの?」

そういう人にとって引越しは軽いものですが、私に相談される多くの方にとって引越しは人生を変えます

自分で変える選択をしているのか、家族によって変えさせられる選択するのかは分かりませんが、節目という意味では同じです。

引越しは人生に与える影響が大きいからこそ占いでも大きく役立ってくれます。

もちろん、過去の引越しでも同様です。

過去の選択がどのように今に影響を与えているかが分かれば、これから先の事も想定することが出来るのが占いの良いところです。

こんな感じで引越しは人生に影響を与えるので分かりやすいのですが、それ以外にも目印はあります

その一つとして目の前の環境の変化やいろいろと出来事が起きる場合です。

占いと現実が近い人は、占いの時の流れと実際も類似した感じになります。

変化が起きる時期には変化が起き、問題が起きそうなときには問題が起きる、チャンスが巡るときはチャンスが巡るという感じです。

起きる出来事をあまり気にしすぎるのもだめなのですが、現状でいろいろと抱えすぎている場合には手助けになってくれます。

目の前に起きていること「だけ」で物事を判断するとおかしな感じになることがあります

今起きている事が良いことであっても悪いことであっても、それだけを見てしまうと自分に都合の良いように見てしまう可能性が出てきます。

それが悪い分けでは無く、ほとんどの場合、それが普通です。

でも、何か引っかかるとき、何かが気に掛かるときは占いで裏付けをとります。

その結果、やっぱり大丈夫ということもあれば、少しおかしな流れになっていることに気がつくこともあります。

今起きている出来事がどんな時期に起きているのかが分かると、状況が明確になってきます。

今の自分の状況を知ったからと言って何かを諦めたり、何かを決めなければならないということではありません。

それよりも今の自分の状況を知っておくということです。

知らなければ何も出来ませんが、知った上でならば判断のしようもあるからです。

【ここで取りあげたリンク】
「引っ越しは運気を変えるだけでなく、運命まで変えてしまう」
「移動の多い人はたくさん方位を取るから方位の影響は受けない?」
「単身赴任や転勤族の方位の影響はどうなるの?」




初めて鑑定を受けた方の感想鑑定一覧
【4月に大阪でお会い出来ます】
4月23日(月)~26日(木)の大阪に滞在致します。滞在時には対面鑑定などが出来ますのでご利用ください(詳細はこちらから)


【新しいブログを作成しました】
新しい場所を作りました。お時間があるときはこちらもご覧になってみてください。 「九星気学・占いで幸運を引き寄せ、凶方位の影響を回避する」
さらにお気楽に書ける場所を確保するために、めっちゃ緩い「それで良いの?」的などうでも良いことを書けるブログも用意しました。こっちは常時適当に書いてますので、たまにチェックしてみてください。「ちょっと一息、だいぶ一息、肩の力を抜いちゃった」


九星気学トップページに移動

 

The following two tabs change content below.
占術家 内田和男
占い受けなくて良いよって言う占い師(方位学・紫微斗数・手相・西洋占星術・タロット・家相風水・四柱推命)で、引越しや旅行、生き方で運の流れを読み今の状況を切り替え、不安や恐れを解消していくための鑑定が中心。弱みにつけ込む占い師が嫌いで、自分もそうならないように注意してます。 気になることや聞きたい事はツイッターでご質問をどうぞ




過去のお話を月別にチェックできます

【LINEのお知らせ】
LINEを導入にしています。IDは kunetwork です。
※ID検索で探してみてください。

鑑定依頼やお問い合わせにご利用頂けます。

 

ページ上部へ戻る