何年も良いことが無いと感じるときは生き方がズレている?

今日の気づき

何年も同じ状態が続くことがありますが、その原因を運勢や運気のように自分の外に探そうとするか、考え方や選択の仕方など自分の内側に見つけようとするかで、結果が違ってくることがあります。

私が占う場合は基本的に両方の状態を見ながら占っていきますが、重要になるのは自分の生き方・選択の仕方になってきます。

運勢や運気は時間が経つと自然に変化をしていきますが、その中で大事になるのは節目のタイミングでどのような選択をするかです。

運勢・運気は自然の変化もありますが、上がりっぱなし、下がりっぱなしのような感じになることもあります。

それは何かがサポートしている、または邪魔をしている可能性があるためです。

その「何か」が自分の考え方や選択の仕方、生き方になります。

もともと「良いことが無い」というのは受け止め方の話なので、感性・感覚の世界です。

感性とは考え方で有り、何を求め、どのように理解をするかで変わります。

主観で考えると良いことが無いように見えても、他の人から見れば恵まれていることもあります。

本人が良いと感じられることが重要ですが、他の見方をした上でどのような理解に至るかも強い刺激になります。

よくある話ですが、今年は運勢が良いと言われたのに、良いことが何も無い的な感覚を持つ人がいます。

これは自分の中で良いと思っていることと現実に起きることにギャップがあるからです。

これを修正・調整しないと同じような感覚を持ち続けてしまいます。

言ってみれば自分でも自分の事がよく分かっていない状態です。

これを調整していくには、今、何を望んでいるのか、その望みのためにどうしているかで見えてきます。

ほとんどはここでつまずきます。

良いことが無いと思っていたけれど、そうなるように自分で自分を追い込んでいるような感じです。

これまたよくある話なのですが、結婚したい!と言いつつも仕事を120%頑張って、いつでも仕事優先なら結婚の可能性は低くなります。

でも、本人は気がついていません。

これが望んでいる事に対する現状のギャップです。

自分で気づこうと思っても気づける話では無いので、占いの登場になります。

占い師に相談されるきっかけは様々だと思いますが、良いことが無いのでどうしてだろうと相談されること自体が神様のお導き(比喩です比喩)。

何年も同じ状態が続いている場合も同じで、何かにとらわれていたり、かたくなに拒否しているところがあるかもしれません。

そこを微調整すれば一気に状況が変化をしていく可能性もあります。

言い換えれば、動けなくなっている状態とも言えます。

それなら動くきっかけをつかみ、必要に合わせて動いていくだけです。

そうすればここから先は違う人生になっていきます。

5月27日(月)~31日(金)の間に京都(大阪)・名古屋に行く予定です。この期間は現地での対面鑑定が可能ですので詳細はこちらをご覧ください。
今日の気づき
占術家 内田和男をフォローする
電話・LINE・メール(海外対応)で引越しの凶方位鑑定・対策が出来る占い師内田和男のブログ
タイトルとURLをコピーしました