凶方位の引っ越しは気にしなくても良い?

凶方位でも引っ越して良いです。

このように言い切ってしまうと、方位鑑定をする占い師さんにあれこれ思われそうと感じるのは、自意識過剰かも知れませんが(笑)。

でも、占いをおおごとに受け止めすぎてしまうと、凶方位に引っ越しをすると事故にあったり、大病したり、人生がめちゃくちゃになったりしてしまうのでは?と不安になります。

確かに凶方位も吉方位も現在と未来の暗示の一つなので、その可能性について否定は出来ないです。

じゃあ、やっぱり凶方位に引っ越さない方が良いの?となるのですが、ここに出てくる「可能性」をどのように理解するかです。

私が「凶方位でも引っ越して良い」とお伝えする理由は、その人の選択を総合的に整理したとき何とかなりそうなら行けるでしょ?という理解があるからです。

凶方位は急に始まったのではなく、これまでもたくさん凶方位に行っています

小さいところでは日帰りで、大きいところでは引っ越しなどです。

そして、これが大切ですが、それらの過去を経て「今」があります。

今現在、どんな状況になっているかを振り返ってみてください。

その辺を無視して、このタイミングでいきなり凶方位だから怖いとなるのは盲目的です。

メディアや情報に振り回されている可能性も高いです。

凶方位「だから」引っ越さない方が良い人もいます

これはほぼ、相談されている方自身も自分で何かを感じています

この辺が占いの良いところでもあり、難しいところでもあります。

凶方位は未来を暗示しているとお伝えしました。

今回の選択が何となく危うい感じがする人は、どこかに心当たりがあります。

それを虫の知らせと言っても良いかもしれません。

でも、こういう人に限ってその引っ越しは避けられない事が多いです。

同じように凶方位の事が気になる人でも、置かれている状況は随分と違います。

これらを踏まえた上で、無理に引っ越さなくても良いなら保留にした方が良いのが凶方位になる時期の引っ越しです。

引っ越しをする必要性が高い人ほど、凶方位に引っ越しをする前提で準備を進めます

凶方位などの見えない部分は、全部が不運ということもなければ、幸運ということもありません。

これは吉方位でも同じです。

完全に良い状態を求めたからといって完全に良くなることは無く、完全に悪くなることもありません。

だからこそ、凶方位の引っ越しでもそれで全てが悪くなるわけでは無いです。

ただし、これをきっかけに悪くなっていく可能性があるのかないのかを知り、それに向けて対処をする必要がある人には意味が出てきます。

私の印象では何らかの対処をした方が良い感じの人は、相談される方の3分の2ぐらいです。

そのうちの半分ぐらいの人は実際上何か備えをした方がよく、残りの半分の人は必要になったときに対処をする感じです。

これが実情です。

凶方位だけど引っ越しても良いかどうか心配な人で現状に不安なことが無い場合は、用心はするにしても不安になりすぎる必要はありません。

一緒に読んでみてください↓

鑑定一覧オススメ無料占い





関連記事一覧