凶方位でも現在から未来への選択肢の一つでしか無い

出来れば凶方位よりも吉方位が良いです。

それはさい先の良いことを教えてくれているからです。

でも、凶方位の全てが悪いわけでもありません。

更に凶方位も「物事を判断するための基準の一つ」でしかないです。

凶方位の影響が怖くなってしまうと、そればっかりが見えてしまうかもしれません。

運勢が悪くなると言われるとそればかりが気になるのと似ています。

どちらも同じで物事の一面を切り取っているだけです。

それが全てを表すわけでは無く、それで全てが決まるわけでも無いです。

これが普通のことだと思うのですが、世の中には極端に悪い事のようにしてしまう占い師もいます。

それはそれで必要な事なのかもしれませんが、結局、占いでどのような結果が出ようとも、現実に向き合うことに変わりはありません。

起きて欲しくない事は凶方位に行こうが行かなかろうが起きます

運気が良くても運勢が良くてもトラブルはいつでも起きえます。

冷静な状態であればこの辺のことは当たり前の事として認識できるのですが、変に情報を手に入れてしまうと怖くなりすぎてしまうので厄介です。

繰り返しますが「どう転ぼうが起きることに対処するしか無い」というのが現実です。

運気が良かろうが悪かろうがです。

こういう思考が身についてくると、占いの結果で未来を予測出来るようになります。

占いの結果がどうであれ、どんな選択をしても良いのです。

自分の好きに選択をしても良いですし、占いに合わせても良いです。

何を選択してもその結果を引き受けるのは自分自身だからです。

じゃあ、占いは関係無い?というと、占う事で結果を受け入れやすく出来るようになります。

私は時と場合によっては凶方位でも問題ないとお伝えしますし、そもそも方位の事すら見ないことも多いです。

その理由と根拠を占いで示すのでは無く、その人の現実を引き合いに出して説明します。

〇〇〇の状況が過去にあるから、今回のケースでも大丈夫な可能性が高いとか、〇〇という資質があるから、今回のケースはやった方が良いとかです。

凶方位の意味するものは方位が悪いということよりも、やろうとしている事の未来の暗示です

未来が困難を伴うのか、それともそれほどでも無いのか、そういうことが事前に分かると備えることが出来ます。

どんな選択をしても良いのです。

ただ、未来に対してある程度予測出来る人とそうじゃ無い人では生き方が変わってくるだろうと思うだけです。

未来に対して備えても大きく変わらないかもしれません。

でも、備えなければ運命にひたすら流されるだけになります。

それも人生ですが、こういう生き方もあるのだと分かれば、それを知りたいという人も出てきます。

その典型が私です(笑)。

進む未来が吉と出ようが凶と出ようがやりたいことはやりたいと思う人間です。

でも、出来るだけ穏便に進めることが出来るなら、多少タイミングをずらしたり、多少自分の身の振りを整えたりする価値はあると思っています。

だからこそ凶方位だけで物事を占いません

人生には様々な要素が重なりあっていて、その時々で優先順位が変わります。

だから何でも選択出来るのですが、時と場合によってはその選択が自分の首を絞めることもあります。

それを回避できるなら、その方が良いよねというのが占いの役割です。

更に占いでは長い目で物事の流れを見ていくこともあります。

今は凶方位でもこれから先の流れによっては吉方位に行くことが出てくる可能性もあります。

すると物事が良い方に動き始めていることが分かるようになります。

もちろん、現実面においても変化が大きくなっていきます。

仮に凶方位でどうしようかとあれこれ考えたとしても、今後、がんばっていく中で良くして行ければ良いとなれば運命も好転しやすくなります。

少しずつ形を変えていく手法もあるということです。

未来は意識し始めたときから変化を始めている、そんな感じなのだと思います。

鑑定一覧オススメ無料占い





関連記事一覧