凶方位で凶作用が強くなる?

凶方位で凶作用が強くなるとトラブル・事故・病気など、もろもろが大きくなるという情報を見かけると思います。

これは「ネットで占いの情報を見るときに気をつけるポイント」でもお話をしたのですが、ネット情報、書籍情報を含めて、その情報を理解する力が必要になってきます。

凶方位の影響は「ある」という前提でお話を進めますが、「誰もが凶方位の影響を実感出来るわけではない」という現実も実際にあります。

凶方位の情報も吉方位の情報も読んでみると、すごい感じがすることもあるかもしれません。

書いてある方位の影響は「誰もが該当する」わけではありません

占いの悪い一面として「一例で全部を表す」みたいなところがあります。

一例は一つの傾向かも知れませんが、多数派なのか少数派なのかは検証が必要です。

これは占い師側の事情ですが、そういう事情は占って貰う側も知っておいた方が良いですし、「自分の場合はどうなのだろうか?」という疑いの目も必要です。

目の前に出された情報を鵜呑みにしないことは、自分を守る上でも大切な自己防衛です。

方位の影響の見極め方は簡単で、過去の引っ越しや旅行の方位の状況を、現実と照らし合わせて見れば良いです。

思い当たる節があれば気をつけた方が良いです。

それでもその時々で方位の影響や作用は変わってきますので、一概に怖がり過ぎる必要はありません。

それと「思い当たる」ことについて、人は自分の望む答えを見つけようとする傾向があります。

その結果、あまり関連がなくても「思い当たる」というケースが出てきます。

想い当たりは「思い込み」の場合もある

全く検討ハズレとまでは言えないと思いますが、状況によっては「気にしすぎ」ということもあります。

その辺のことは占ってみないと判別は付かないのですが、思い当たるだけでは足りないこともあるということです。

結局、凶方位で凶作用が強くなるかどうか、トラブルに巻き込まれる可能性はどうなのかは、占ってみないと分からないというのが現実です。

「自分はどうなのか、自分のケースはどうなのか」という視点があれば、怖い情報を目にしても「必要ならまずは確認をしてみよう」となると思います。

そこからスタートした方が、情報に振り回されなくて済みます。

鑑定一覧オススメ無料占い





関連記事一覧