凶方位で運気が落ちてトラブルに巻き込まれても逃げない

凶方位だけでなく、嫌なことも悪いことも全部ひっくるめてスルーかぶち当たるかが大事で、保留が最も状況を悪くする

福山市に行っていたおかげで、「ぶち」なんとかっていうのが、つい口から・・・(笑)
※ぶちすごい(ものすごい)とか、ぶちこわい(すごくこわい)とか、よく言います。ぶち当たる(強く当たる)、というイメージ。

さて、本題です。
運が悪いな~、トラブルばっかりだな~と感じる場合は、現実の状態を自分で見て・感じて受ける印象です。

今の自分の運気や運勢は良いのか悪いのかを視覚化できるのが占いです。

現実と占いを結びつける重要性はここにあります


自分が感じている事は現実の状態ですが、それが「本当に」良いのか悪いのかを判断するために占いを活用します。
自分は運が悪いと思っていたけど、占い的には運が良いということだってあります。

受け止め方を間違っている可能性があります。
現実の受け止め方を間違っていれば、その現実は間違ったとおりに進んでいきます。

ますます土ツボにはまっていきます。
起きたトラブルが、これから本当に悪くなる序章、という場合もあります。

占い的にも運が下がる時期と出る事があります。
ということは、少しでも早く対処することが必要で、迅速に止血する必要があります。

それを「嫌だ嫌だ」と動きを鈍くすることで、トラブルや問題は更に拡大していきます。

結局どういうことなのか?

現実がどうであろうと、占いがどうであろうと、「必要な事は可能な限り迅速に動く(対処)こと」です。
運気が落ちていることが重要なのでは無く、トラブルが起きていることが問題なのでは無く、「現状を保留にしてしまっていることが問題」です。

「目の前のことに対処すれば良いだけなら占いなんていらないじゃん?」という人もいると思います。
そのとおり!(笑)

実際、占いを使わない人なんて山ほどいますし、占い師の内田さんも同じように思います。
それなのに占いを使う理由は、「手段は多ければ多いほどよい」と分かっているからです。

目の前の事に対処すれば良いですが、対処出来る人ばかりじゃ無いです


しかも、どういう風に対処すれば良いかだって誰でもが分かるわけじゃ無いですし、いつでも分かるわけじゃ無いです。
占いの存在は「自分がどうしたら良いか」を教えてくれるものであり、「どうなるのだろうか」ということを予測させてくれるものでもあります。

占いが教えてくれることが良いと思えるならそれで良いし、嫌だと思うならスルーすれば良いだけです。
運が落ちるからどうのこうの、運勢が悪くなるからどうのこうのじゃ無いです。

現実の問題と同じで「嫌なら対処しなさい」だし、「嫌だと思っていてもそのままで良いならそれで良い」っていうだけです。
目の前の事に対して自分がシンプルに何を感じるで、どうしたら良いか分かります。

凶方位で運気が落ちたから悪いことが起きた、トラブルが起きたではなく、だからこそ普段以上に起きる事に対する対処が大事です。
でも、起きた事に対して振り回されてばかりなら、たとえ運気が上がって良いことが起きても「なんでこうなの?」となってしまう人もいます。

凶方位で運気が落ちても大丈夫な人は、運気に振り回されない人です。


初めて鑑定を受けた方の感想鑑定一覧メール方位鑑定10000円リピーターのお客様

電話占いウィルの詳細はこちら

九星気学トップページに移動




過去のお話を月別にチェックできます

ページ上部へ戻る