悪い方位・凶方位に就職が決まったら諦めるしか無い?

凶方位で仕事が見つかった、凶方位で仕事が決まったとしても就職して良い理由があります。

根本的な問題として「仕事」と「方位(占い)」のどっちが大事ですか?

この視点が抜けてしまう人がいます。

遊びで仕事をしているならばまだしも、生きるために仕事しているならば、この段階で迷うこと自体が運気低迷の証になります。

もちろん、過去の経緯があって今度は間違えたくない気持ちを持つ人も多いです。

それでも「その考えはどこか危うい可能性が高い」です。

仕事を選ぶときに大事なこと、占いで大事になるのは「その人にその仕事が合っているのか」です。

凶方位よりも適正と資質、適職が重要

もし見つけた仕事があなたのやりたかった仕事なら、方位なんてくそくらえです(笑)

私ならそのチャンスをつかみます。

それぐらい「チャンスはそんなに多くない」です。

凶方位を何でもかんでも悪いものだという認識でいると、いろんなことを見誤ります。

確かに方位の現していることはシグナルになっていることもあります。

それはその通りですし、大いに参考にした方が良い場合もあります。

凶方位で気が乗らない場合は要注意

気が乗らない時は凶方位に当たっていることが多いです。

うまく出来てます。

でも、働かないとだめなら、そんなことを気にしている場合じゃないです。

それよりも勢いをつけて突き抜けていった方が良いです。

ダメなら次、ダメなら次!って感じです。

「今度こそは!」と思うから辛くなります。

何のために仕事を探しているのかを明確にすることが出来れば、凶方位云々で心がざわつきにくくなります。

方位で仕事を探すより自分の関心(条件)で仕事を探す

方位は人生の節目の時期になると影響力が強くなる傾向にあります。(実感をもちやすい)

逆に毎年引っ越しをしているような人にとって、方位の影響力を強く実感出来るケースは少ないです。

引っ越しが日常になっているため、引っ越しの人生に与える影響が小さくなるためです。

いろんな背景があるので単純化してお話をしていますが、「仕事」も日常化してしまえば良いのです。

仕事選びのポイントを占いに置きすぎると、不安が大きくなります。

方位の影響が怖いなら、その仕事は辞退すれば良いです。

占い以上に想いが強くなれば対処はいくらでも出来る

方位の影響は気になるけれど、この仕事をやりたいという仕事を探した方が良いです。

凶方位だからと怖れるのではなく、「凶方位?」「じゃどうするかな」というぐらいの感じで受けて立てば良いのです。

就職は引っ越しや旅行と違うのですから、自分に合っていると思える仕事なら挑戦した方が良いです。

その方が結果的に良い職場になっていきます。

鑑定一覧オススメ無料占い





関連記事一覧