凶方位に呼ばれる、凶方位が続く時は自分を振り返る時

凶方位かどうかは鑑定をしてみないと分かりません。

鑑定をする占い師の基準によっては凶方位にならないこともあれば、凶方位になることもあるからです。

行く方位が実際に凶方位だとして、行く先々が凶方位になるケースがあります。

衰運期だからとか開運期だからとか、凶方位が続く時はこれらの時の流れに限らない場合もあります。

凶方位が続く時は続きます(吉方位が続くときもあります)。

凶方位が続くときは凶方位が続き始めてから気づくことが多い

立て続けに凶方位に行ってしまう場合は「後になって分かる」ことが多いです。

この辺が厄介です。

ただし、過去に凶方位を立て続けにとった場合は過去の話なので心配しなくて良いです。

今後、調整をして良い形にしていけます。

問題は、現在進行中で凶方位に行く流れになっている場合の対処で、まずは時期をずらせないか検討します。

凶方位は数日前後させるだけで流れが変わる場合もある

凶方位の影響は数日変えるだけで運気の流れを変えることが可能なケースがあります。

実際、数日違っただけでトラブルを避けることが出来たこともあれば、変えることが出来なかったのでトラブルの渦中にはまることもあります。

このため大きく動かせなくても可能な範囲で調整するだけでも状況を変えることが出来るかもしれません。

凶方位が続く時で、行く必要がある場合は、現実も余裕のない状態で焦っていることが多いです。

余裕のなさがトラブルを引き寄せる

凶方位は、その方位とタイミングを「選択」をしていることが、流れを滞らせる暗示になります。

暗示ならば、その原因を明らかにするために立ち止まって、状況を見直すチャンスです。

日程をずらすのも、嫌な流れを断ち切るためにタイミングをずらす方法です。

大抵の場合、凶方位が続いていると既にきつい流れの中に身を置いていることが多いです。

そのため予定を変えようと思っても難しいですし、現状も変わりにくいのが実情です。

意識的に凶方位を変えていくと現実が変わり始める

凶方位の予定をすぐに変更出来る事もあれば、難しい場合もあります。

でも、変えていこうと意識していくと、今回は無理でもその次は大丈夫になったりと、徐々に変わっていきます。

「うわ、凶方位が続いている」と気がついたら、まずは吉方位の温泉にでも入って「どうするかな~、何が出来るかな~」と考えるタイミングです。

あ、でも、凶方位の温泉に入ったら今の流れに拍車を掛けちゃいますので、その辺は注意してください(笑)

鑑定一覧オススメ無料占い





関連記事一覧