凶方位に行ったから苦しんでいる。だから吉方位に行かなきゃダメ?

今日の気づき

占いの手法として「起きた現象を占いの結果に当てはめる」というのがあります。

この手法の目的はその占いが当たるかどうかが分かることにあります。

当たったら占いの通りに行動をすれば、状況を変えることも出来ます。

たまたま当たったのか、全体的に当たっているのかを把握するために、過去の出来事をいくつか占っていくことで精度をあげます。

これは私がやっている占いの手法ですが、だからといって「凶方位に行くのはダメだし、凶方位に行ったら吉方位に絶対に行かなきゃいけない」とお伝えすることはマレです(まずありません。その人の生き方によるところが大きいです)。

また、占いの通りにやる必要もないです。

占いを無視して自分の想ったとおりになってもならなくても、占いの通りにやって自分の想ったとおりになってもならなくても、「何が役立って何が意味が無いのか」という経験を積み上げないと分からない事が多いからです。

望む事がある中で占いに合わせた方が得られる利益が大きいなら合わせれば良いですし、そうじゃ無いなら自由です。

それと今は占いが気になったとしても、ずっと占いが気になるわけじゃ無いですし、一過性のものであることが多いです。

それなら占いが気になっている間は実害が無い範囲(役立つ範囲)で占いを気にしても良いと思います。

今回の話は「加減」の話です。

占いの結果は絶対であるということは無いし、現実に望むことがあるならそれを諦める必要もないです。

でも、占い師に「絶対」という感じで言われると、やらなきゃダメみたいな印象を受けてしまう人もいるでしょう。

やらなきゃダメなことは一つもなく、何が必要かを考え、選択をしていくだけです。

「今がしんどいのは凶方位に行ったから」と出たとなれば、「占いが当たっている」となりやすいです。

この影響を回避するには吉方位に引っ越しをするしか無い!と言われたら、普通は困ります。

家を建てたり購入をしている場合なら尚更です。

冷静に考えれば、何かが極端なんです。

強引に物事を動かしたとしても、それで状況が改善されると予測出来るかどうかです。

私はこのようなケースで吉方位に引っ越した方が良いとお伝えしたことはないです(たぶん。記憶に無いだけかもだけど)。

現実世界で発生する問題の原因を、占いを通して明らかにすることは可能な部分もあります。

でもそれは、現実を無視してでも何とかしなければならないという事には繋がらない事がほとんどです。

きちんと占いをしていけば、凶方位に引っ越したから吉方位に引っ越さなければならないとはなりません。

占いが現実としっかり結びついていれば、凶方位に引っ越したから吉方位に引っ越さなければならないのでは無く、他のところに引っ越した方が良い現実的な理由が出てきます。

現実的な理由がなく、凶方位だからという理由で再度引っ越しが必要になるケースはほとんどありません。

占いの結果を如何にして解釈していくかは本来占い師の仕事なのですが、結果だけを言われても困ることが多いです。

占いの結果に困る、現実的で無い場合、それは何かが足りていません。

もし、不安を解消するために吉方位に引っ越しをするとしても、その必要性を明確にしてからをお勧めします。

そうじゃないと、あとあと「自分は一体何をしていたのだろう」となりかねません。

占いはいろいろと教えてくれますが、闇雲に信じるものでもありません。

常に現実とすり合わせをしていきながら、要不要を見極めていくことで良い目安になってくれるものです。