凶方位の引っ越しでも住みたいところに住む方が開運の可能性が高まる理由

今日の気づき

引っ越しの方位が人生に影響を与えるかもしれないと思うと怖くなります。

今まで何も気にせず動きたいように動いていたのに、急に何をするにしても不安になる瞬間です。

その結果、ネットや本で調べたり、占い師に相談したりします。

凶方位への引っ越しは避けた方が良いというのが基本にありますし、厄介事が起きやすくなる傾向もあります。

でも凶方位への引っ越しでも、そこに住むだけの理由が十分にあるなら、私は引っ越す方が良いとお伝えすることがあります。

引っ越しは多くのケースで人生に強く影響を与えますので、引っ越し先での生活について普段以上に注意深くなります。

家を建てる、購入する場合はもちろんのこと、賃貸であっても引っ越しは一大イベントです。

このため新生活に関してあれこれと調べますし、比較します。

特に新生活が今の生活よりも格段に向上する見込みが立つなら、凶方位は気にしなくて良いとお伝えしています。

占いは現実の鏡ですが、現実も占いの鏡です。

占い上良くなくても、現実面では十分にメリットがあるなら、現実が占いの結果を上回ります。

問題が起きないわけではありません。

凶方位に行くことで苦労することもあると思います。

それらも込みで新生活の方がメリットが大きいかどうかです。

それぞれを切り分けて考えるとどうしようかと迷うものですが、全部まとめてメリットデメリットを比較すると答えははっきりします。

これも優先順位の考え方が使えます。

その引っ越しで得られるものは、他に代替が可能なのかです。

引っ越しを希望する人は引っ越しをする理由を持っています。

その結果、条件を満たした物件を選び抜くことになります。

どんな物件でも良いわけでは無く、どこの物件でも良いわけでもありません。

選ぶだけの理由があり、それは必要な条件に当てはまります。

こだわりがある人というか、条件がシビアな人ほどなかなか家が見つかりません。

ペットを飼っていたりするとそれだけで家を見つけるのが大変です。

繰り返しますが、引っ越そうと思い立つにはそれだけの理由があります。

その理由を満たした物件に「引っ越した方が良いのかどうか」が判断基準になりますし、「凶方位でも」引っ越したいかどうかです。

別に事故物件というわけではないのですから、怖がる必要は本来ありません。

ただ、選択肢として困難な状況になりやすい運命を選択する可能性を示唆しているだけです。

怖い話に聞こえますが、「それでも引っ越した方が良い」と言えるかどうかです。

要はそこまで考え抜いたかどうかです。

ここまで考え抜き、情報を集めていれば、凶方位に引っ越しても結構大丈夫なだけで無く、実際に快適さも倍増します。

もともと凶方位の意味合いは「悪いことの暗示」です。

それならば可能な限り考えつくし、新居に住むメリットデメリットをハッキリさせておけば、悪い事が起きても想定の範囲になることが多く、対処しやすくなります。

私自身、凶方位の引っ越しは嫌なものだと思っていますが、それ以上に得られるものがあると確信出来れば、他の占いを駆使して良い状態にしていきます。

方位は悪くとも、それ以外で挽回していけば占い的には御の字に出来るからです。

これから引っ越しをされる方も多いでしょうし、それが凶方位で悩んでいる人もいると思います。

まずは現状の整理からです。

それ次第で未来も変わっていきます。

一緒に読んでみてください↓

タイトルとURLをコピーしました