9月30日~富山市の出張予定です(詳細はこちら)

凶方位の影響を少しでも弱くしたい

凶方位が気になったとしても大事な事があります。

占いは人をとりこにする一面があり、一度気になり始めると生活に支障が出るほど影響を及ぼすことがあります。

これは頻繁に起きます。

丁度お盆時期ですが、凶方位だから実家に帰らない!とかはまさに生活に支障が出ているパターンです。

一方で凶方位の引っ越しなどは、何とか凶方位を避けられないかと不安に押しつぶされそうになる人もいます。

占いで大事なことは現実と占いの一致度ですが、一致するからと言って生活を捻じ曲げてよいわけではありません。

これらの話は精神的に安定をしていると当たり前の様に聞こえる話ですが、不安が強くなると「でも」という言葉が頭をよぎるようになります。

占いは冷静でいられるときに受けた方が良い

ものすごい悪い運勢でも大凶方位でも、現実への影響が小さければ関係ありません。

それにどう転がろうが悪い方に向かうなら、準備を整えて一つずつ迎え撃てば意外に大したことがないです。

凶方位の影響は長い年月で問題を育てていくという考え方もありますが、それなら普通に生きていても同じ事です。

この辺のバランス感覚は精神的に安定しているとうまくとれます。

落としどころは現実を重視しながら、占いで微調整する感じです。

凶方位の影響を弱くするために占いを重視する

でも、私は現実を重視します。

凶方位で運気が下がるなら、その下げ幅を狭くしてくれるのは占いでは無く、現実の力が大きいからです。

イメージとしては恋をしている状況に似ています。

恋をしている、誰かを好きになっていると、たとえ生活がどん底でも何故か幸せです。

そして、現状から抜け出そうと出来るだけの事をするようになります。

うまく行く人は占い的に何かをするのではなく、現実で出来る事をし、積み上げていく人です。

占いは「今」何が出来るかを引き出す

今、何をしたら良いかを知ることは、見えない世界を明らかにすること以上に重要です。

「効率重視」という言葉がありますが、現実を何とかした方が良いと言っても、何をどうすれば良いか分からない事があります。

その状況を打開してくれるのが占いであり、占いを使うことで効率を上げられます。

何から始めれば良いのか、何を大事にすれば良いのかが分かるのですから効率も自然と上がります。

凶方位の影響を少しでも弱くしたいと思うとき、占いの方に意識が向いています。

でも、本当は凶方位の影響を弱くする最適な手法は、今を充実させるところにあります。

充実させていく中で、必要に応じて凶方位の対策をしていく感じです。