凶方位は怖い?占い師が凶方位を怖いと思うとき

凶方位の厄介さは定期的にお話をしています。

凶方位でも大丈夫だよって言ってますが、その反面でやっぱり怖いなと思うときもあります。

五黄殺だから、暗剣殺だからと死や大病、事故、破滅に「直結」しているケースは見受けられません。

遠因としてあるかもしれませんが、直接、「引っ越したから破滅した」という現象を証明する方法もありません。

ですから、凶方位の移動は大変な事になると、安易に結びつける占いには疑問があります。

悪い占いは悪いように言おうと思えばいくらでも言えます

もちろん良いように言おうと思えば同じようにいくらでも言えますが、それは既に占いじゃ無いかもしれないです。

いろいろとデータというか現実の情報をみていくと、凶方位の影響が出る人(吉・凶の方位の影響を実感出来る人)は、ほとんどのケースで行き詰まりやすくなっています。

しかも、自分で行き詰まる原因を作りやすいです。

これは第三者としてみているからこそ分かる話で、本人には分かりにくい部分です。

本人も行き詰まっていることは分かります。

でも、行き詰まっている原因がどこにあるのかが分からないのです。

行き詰まる原因は「凶方位に引っ越したから」ではありません

凶方位は遠因になるかもしれませんが、直接的な原因はそうなるような選択・行動をしてきたからです。

何かをやったら100%予測通りになることはまずありません。

全てが可能性であり、試行錯誤に繋がります。

いろいろと考えてやった結果、自分の首を絞める厄介さが凶方位の影響にあると見ています。

凶方位の影響は精神面に与える部分が大きいと、いつもお話しています。

現象として何か問題が起きることもありますが、調子の良いときに問題が起きるのと悪い時に問題が起きるのでは全然違います。

なぜか自分に辛いような選択をするのです。

しかも、自分でその事に気がつけない、気がついたとしてもその方向に向かわない選択をすることが多く、しんどいです。

このため大まかにみると「う~ん、やっぱり凶方位を選択するというのはしんどいな」と思うのです。

凶方位に行くなら影響を避けること自体は難しい

凶方位に行って影響を受ける受けないは、目の前にあるケーキを食べたのに、食べてませんとは出来ないのに似ています。

そのため凶方位に対する対処も、実際には避けるというよりも、様子を見ながら必要な対処をしていく感じになります。

それも運気をあげるとか以前に「目の前の事に対する修正」が優先されます。

運気アップは意識すれば出来るものですし、取り入れやすいです。

大変なのは意識や思考の部分

自分でも必要と分かっているけれど、それをやるつもりがないケースが多く、結果的に大変な選択になっています。

これを「そんなのは自分の問題」にしてしまうのは簡単ですが、占い的な視点と現実をすり合わせていくと、もう少し修正が早くできるのではないかと思います。

人それぞれ占いと現実とすり合わせることで、今必要な事が分かってきます。

後は、これらがどの程度必要なのかをハッキリさせていきます。

凶方位の影響の出方、感じ方は過去や現在の状態を見ていくと分かります。

「方位鑑定は当たる?占いはどの程度当たるもの?」の話でもしたのですが、占いは全員に当たるものではありませんし、いつでも当たるものではありません。

当たる確率を少しでも上げるために、「今」と「過去」を知っておくことで、未来に備えやすくしていくのが内田流です。

100%凶方位の影響を回避出来るとか、たぶんありません

そもそも、凶方位の影響自体が理屈に合わせた結果、「傾向としてあるだろう」と言える程度です。

その証拠とは言えないかも知れませんが、がちでめっちゃ凶方位に行っている人でも大丈夫な人もいれば、めっちゃ吉方位でもダメな人もいます。

その反対の人もいて、めっちゃ凶方位でめっちゃ大変な人もいれば、めっちゃ吉方位で順調な人もいます。

方位鑑定を受けられたことがある人なら「こうやってみて」と占い師さんに言われてやったけど、効果はよく分からなかったという経験があるかもしれないです。

どんなに有名な占い師さんであっても、こういう感覚はついてくるものです。

そして自分のやり方が悪かったのでは無いかと思ったり、他に良い占い師さんがいるのではと探すようになったりします。

実際の所は、方位の影響や実感の仕方、その仕組み自体は何がどうなっているのか分からない部分も多いです。

過去と現在で「その人特有」の影響の仕方が見えてきます

凶方位はやっぱりこわいなとお話したのは、人は「いまいち」と感じていても、自分の好きなようにする傾向があるためです。

頭では「これはダメ」と分かっているのに、実際にはやってしまう感じです。

最初から分かっていれば備えることが出来ますが、それでもその時々で振り回されやすくなります。

日々の小さな部分が人生に与える影響はすぐには目に付きませんが、引っ越しなどの場合はそのまま人生に影響を与える選択をしていきます。

この時に、如何に「もしかしたら」を念頭におけるかです。

それで漸く凶方位に対して踏ん張りが利く感じです。

凶方位は人生の流れがそちらに向かい始めた事を教えてくれます

でも、それは「凶方位だから」ではなく、運勢全体の動きの一面を教えてくれている感じです。

だからこそ、凶方位の部分だけを何とかしようとしてもなかなか大きな流れに対抗出来ません。

そのために現実の選択を微調整していくようにします。

それで何かあったとしても踏ん張れるかどうかというところでしょうか。

過去と今を占いとすり合わせることで、「凶方位」という基準はそこまで重視しなくて良い場合もありますので、状況次第です。

闇雲に不安になりすぎたり、心配になったりするのは、自分の状況がよく分かっていないからかもしれないです。

自分の場合はどうなのかが分かると、目安が出来て占いの接し方も変わってきます。

鑑定一覧オススメ無料占い





関連記事一覧