凶方位を相殺する、不運を回避する手法

今日の気づき

凶方位の相殺、不運の相殺、衰運期(厄年や天中殺など)の対処は、一つの占いの基準だけでは解釈が難しいです。

凶方位に行くのに凶方位の影響を「無しにする」という考え方は無いからです。(方位鑑定の基本的な事は「引っ越しの方位鑑定を受けるポイント」にまとめてあります)

凶方位の影響とは、凶方位に行くことそのものよりも「その選択に至った経緯」が大きく影響してきます。

このため凶方位に行くという結果だけを見て、未来を予測すると偏った感じになります(未来予測の精度を上げるために「経緯」が重要になります)。

一方でそれらも全部含めた「運」から考えると、結果的に凶方位や不運、運勢が下がる衰運などに対処出来る方法があります。

特別な手法では無く、運を上げるのに良い事を取り入れていくだけです。

運が良かろうが悪かろうが、凶方位に行こうが吉方位に行こうが、嫌なことも良いこともあります。

「出来事」は自分の状況に関わらずあれこれと起きるもので、家でじっとしていても外から舞い込んできます。

出来事が起きることに対しての対処は難しくても、起きる出来事に対処しやすくするために運をコントロールすることはある程度可能です。

運を悪くする、運を良くするのは占い師によって様々な手法があります。

私の場合なら吉方位旅行などの移動で運を上げる、住む家の家相を整える、自分自体の運を良くする自分の生き方を整える、所有するもので運を調整する開運グッズで厄を祓うなどです。

これで凶方位に旅行をしたり引っ越したりした運気低下を相殺出来るかについては、相殺出来ます。

相殺というよりも、起きる出来事に対して対処しやすくなる形です。

「ある(凶)」ものに対して「ない」ようには出来ないけれど、「ある(凶)」ものに対して影響力を小さく(または無し)する感じです。

イメージとしては雨のようなもので、雨が降ることに対して雨を降らせないようには出来ないけれど、傘やカッパで雨にあたらなくて済むようには出来る感じです。

さらに雨が降ることを予測しやすくしてくれ、雨が降ったときのために未来を変えることも可能になります。

雨が降ることが分かっていれば、その時は予定を入れないようにすれば未来が変わります。

予定を入れるにしても、雨が降る前提の予定ならば過ごしやすさも変わります。

この手法の便利なところは、凶方位に行ったら吉方位に行けば良いという思考でも大丈夫ということです。

私はこれまでずっと、凶方位に行ったら吉方位に行けば良いというのではなく、凶方位に行った理由が重要、その理由に対処しない限り流れを変えるのは難しいとお伝えしています。

これは運命を基準にして凶方位という選択の結果を占っているためです。

でも「運」にポイントを置くと、運を上げるというので問題ありません。

注意するとすれば、凶方位に行ったら吉方位に行けば良いというのは「運」という点では有効だけど、どの程度行けば良いかは「状況次第」という点です。

私は凶方位へ引っ越した場合、相談者の状況にもよりますが、1年1回ぐらいの吉方位旅行(3泊以上100km以上)に行きながら、4年は続けたいとお伝えしています。

状況次第なのでバランスが大事になります。

更に凶方位の場合、家相を整えることはもちろん、運を下がる流れで起きる出来事に対処しやすくなるように、運を上げていく作業を積み重ねていきます。

凶方位でも不運でも運が下がるなら、運を上げてバランスを取る感じです。

この場合の運の向上は自然に起きるものでは無く、意識して起こしていきます。

「凶方位に行けばこうすれば良い」という単純な感じでは無く、その人それぞれに出来る事をやっていく感じです。

結果的にあれこれと起きたとしても、対処がしやすい状況で起きやすくなり、不運のように感じることがあっても、うまく収まっていきます。

本当の凶、本当の不運とは、対処が出来ず落ちていくしか無いものです。

これを避ける事が出来れば、全て御の字♪

5月27日(月)~31日(金)の間に京都(大阪)・名古屋に行く予定です。この期間は現地での対面鑑定が可能ですので詳細はこちらをご覧ください。
今日の気づき
占術家 内田和男をフォローする
電話・LINE・メール(海外対応)で引越しの凶方位鑑定・対策が出来る占い師内田和男のブログ
タイトルとURLをコピーしました