凶方位・吉方位の引っ越しや旅行の影響はいつからでるの?

大凶方位の影響と対処のお話一覧

方位の影響の受け止め方を間違ってるとチャンスを逃すかもしれないです。

吉方位旅行も凶方位の引っ越しも、方位の知識が付いてくると「いつから影響するの?」と「いつまで影響するの?」と気になりだします。

この話はこれまでにも腐るほどしてきていますが(方位の基本的な事は「引っ越しの方位鑑定を受けるポイント」をご覧ください)、今回は自分が引っ越す、あるいは旅行をするのではなく、家族や知り合いが引っ越しをする、旅行をするケースについて触れます。

自分自身でも同じ話ですけど。

方位の影響は「移動しようとしている段階から始まっている」と思って良い

移動が確定するかどうかは重要ではありません。

その話が出始めた段階から風が吹き始めています。

人の行動は意識的な部分もありますが、そのほとんどは自分の置かれている環境や状況、人間関係に影響を受けています。

自分で決めているように見えて、「決めさせられてる」事の方が多いです。

一方で方位とは、言ってみれば移動の運命を目視させてくれてる一つの目安です。

方位の吉凶が先に来るのでは無く、移動しようとしている自分の状況(あるいはその人の状況)を現している結果を、方位という一つの目安に当てはめているだけです。

これが分かっていると「方位の影響はいつからですか?」っていうのがおかしいことに気がつけると思います。

まずは自分の選択、その後に占いがくる

これから引っ越し(旅行)をしようとしている(あるいは引っ越し(旅行)をした)時に、凶方位を選んでいる、吉方位を選んでいる意味が分かってきます。

凶方位を選んでいる=今が大変(これから大変になる気配がある)、吉方位を選んでいる=今が順調(これから良くなっていく気配がある)、という感じです。

必要な事は、家族や知り合いの方位の状況が分かったときに、方位が良いとか悪いとかの前に「その人の状況をよく見ること」です。

占いを趣味でやっている人や方位の事が分かる人で危ういのは、結果だけを伝えてしまうことです。

でも、凶方位だから悪いって言われたってどうしろと?(笑)

それよりも今が大変なのか、それともワクワクなのか、その辺のことをよく聞いた方が良いです。

凶方位(吉方位)への引っ越しは節目として大きく影響を持つこともあります

もちろん、泊数の多い旅行の場合も同様です。

今やろうとしていることの現状から先の事を暗示してくれるのが方位なので、「今」に注意を向けることで見えてくることがあります。

特に苦しい状況の時に凶方位に行こうとしているなら注意が必要です。

今やっていることが、そのまま足を引っ張る原因に繋がりやすいためです。

一方で、今は苦しいけれど、吉方位に行くっていう流れになっていることもあります。

それはこれから先の流れが大きく変わっていく状態にあることを教えてくれています。

これは意識的に吉方位旅行に行く場合などでもある意味で同じ事です。

吉方位旅行に行くことは、自分の流れを良くしようと行動しているわけです

その意識の持ち方、タイミングの合わせ方が人生を良い方に舵取りしてくれる流れを持っています。

吉方位に「行ける」ことが一つのシグナルだからです。

このため、行こうとした意識や考え、行動力が今後の人生に強く作用します。

この辺をすっかり忘れて、今まで通りにしてしまうと、せっかくのシグナルも素通りになってしまいます。

「変化」は気づこうとしないと気づけない場合があります。

方位の影響がいつからかと気になっている段階で、既に気づきから遠のいてます。

こういうとき「既に影響を受けているならどうなのか」という意識の持ちようが、ポイントになってきます。

凶方位なら凶方位の流れを変えていくこと、吉方位なら吉方位の勢いに乗っていくこと。

そうすることで「いつから?」なんて事は思わなくなってきますし、良い感じになっていきます。



関連記事一覧