初心者でも大丈夫!四柱推命を教室で学ぶなら横浜1日四柱推命講座がおススメ

横浜元町の開運予報士 織路由麻(おりじゆま)先生が四柱推命(しちゅうすいめい)の講座をやってます。
いつもは「はこにわプレート」の店長って言っている人です。

今回は長いので、四柱推命を勉強したいかな~っていう人以外は、読む必要性ゼロです♪
先日、私の占い上の必要性から、織路先生の初級?1日四柱推命の講座を受けてきました。

四柱推命を勉強したいけど、どこで習ったら良いかよく分からない人向けにお話をします。

普段、私が何かを紹介するときは、出来るだけ幅広い人に向けて書くようにしています


ただ、この四柱推命については、言葉として「四柱推命」というのを知らない人には無理なので、最初から「四柱推命に関心がある人」という感じで受け止めてください。
結論を先に書きますと「四柱推命」を学びたいならお勧めです。

1日で四柱推命のすべては理解できませんが、少なくとも実際の鑑定に使える「基礎知識」を学ぶことが出来ます。
実際、私の鑑定にはすでにこの四柱推命が反映されています。

これは前から反映されていたのですが、今はきっちり組み込んでます。

実際、お客様の人生にも相当影響していて、目安に出来ることも分かっています

私が四柱推命を鑑定に取り入れる必要性を感じたのは、「時の流れ」を理解し、それを参考にして現状での対処に幅を広げたかったからです。
自分で人生を切り開く占い(自分軸)はすでに展開していますが、自分を取り巻く「時間軸」については弱かったのです。

「時間軸」の底入れが出来ればな~って考えていて、それをいよいよ組み込むようになった感じです。
本当は、これ専用のプランを考えたいのですが、今のところまだ準備中。

こんな感じですので、四柱推命を学べば自分の人生に役立つよと言えます。

ただし、四柱推命のことを一ミリも知らない人は止めた方が良いです


四柱推命で使う言葉のメインは「漢字」なので、漢字が苦手な人はハードルが高いです。
勉強熱心な人なら大丈夫だろうと思いますが、それでも漢字が苦手な人にはちょっとオススメじゃ無いです。

そこが大丈夫な人は、四柱推命について知識がほとんどなく、四柱推命という字が読める程度の初心者でも大丈夫です。
さて、四柱推命についてですが、織路先生は「時の流れ=環境」というアプローチの仕方をされてると思ってます(あくまで個人的な印象です)。

占術は扱う占い師によってアプローチの仕方が違う場合があるので、ここは知っておいた方が良いです。
時の流れを明らかにするために四柱推命を使う場合、「どうしたら良いか」というよりも、「どういう状況になっていくか」という外側の軸が中心になりやすいです。

たとえば、今はこういう流れがあるから、こうした方が良いよって言う感じです

一方で私が鑑定の軸にしている「自分軸」の場合、あなたはこういうことが大事だから、今はこうした方が良いよっていう感じです。
似ていますが全然違いますので、この辺の理解は重要です。

私はまず相談者の原点に戻り、その人自身がもつ開運の要素を引き出し、自分で自分を良くしていける目安を鑑定します。
「自分が大切にした方が良いことがずれていたら、何をやってもきついよね」っていう発想がここにあります。

その上で時の流れを考慮することで、さらに効率的に自分らしく自分の人生を泳いでいけることを目的としています。
これは私の鑑定の場合です。

いろいろと組み合わせていますが、その中で四柱推命の役割は「自分を取り巻く環境を知る」ということです


このため、織路先生から四柱推命を学ぶ場合、「自分」が中心ではなく、「自分の周り」を知りたい人に一番お勧めしたいです。
もしかしたら、織路先生はちゃんと「自分」ということを話されていたかもしれないけど、私が知りたかったのは「環境の影響」の方だったのでこうなった(笑)。

環境の影響を知るとすごく便利です。
一番は「自分の置かれている状況を理解出来る(自分の状況では無く、自分の周りの状況)」ということです。

追い風が吹く状況にあるなら、今やっている事を頑張れば良いし、頑張りたいことがあるなら、いつ頑張れば良いかも見えてきます。

不安で苦しいときはこの苦しさがいつまで続きやすいかを知ることも出来ます

苦しさが続くときは、その苦しさに対してどういう風に対処していったら良いかも「環境的」に見えてきます。
婚活とか仕事とか、そういうことに対してどういう風に向き合っていけば良いかも分かってきます。

この1日四柱推命講座で学べるのは、最大でこの辺ぐらいかな。
これらを自分で占えるようになる「基礎知識」を身につけることが出来ます。

実際に占えるようになるには、何度も何度も繰り返し見直す必要がありますが、それに必要な情報を勉強できるので「基礎知識」と書いてます。
初心者の人だったら、講座の後にひたすら自分の命式を眺めて、自分の人生を振り返ることで占えるようになっていけます。

言葉の意味が分かることは重要では無く、言葉の意味はテキストを見れば良いです


占いで重要なことは言葉の意味よりも、現実と占いをつなぎ合わせることが出来るかどうかです。
それはつまり過去をきちんと振り返っていくということです。

自分の人生が気になっていて、あのときはどうだったんだろう、これからどうなるんだろうっていう人が、織路先生の四柱推命を勉強して自分を振り返ると楽になります。
「あのときはこうだったからああなったんだ」と理解出来ると、じゃあ、自分は今後こうしていこう!って次の道を見つける事が出来ます。

占いの本来の役割はこういうことを明らかにし、未来に備えることです。
つまり「自分に関心がある人ほど役立つよ」って言うお話。

講座の料金は7万円弱です。

気軽に受けられる金額じゃ無いです

ただ、自分の過去が気になっている人、これからの人生が気になっている人には価値があります。
後50年生きるとしたら、年間1400円の投資、30年生きるとして年間2400円弱の投資です。

生きた知識を身につけたいときには安いものかなと思いますが、あとは自分自身に関心があるかどうかなので、それ次第です。
関心がある人は、織路店長のこのブログ記事をご覧になってください。

今回の紹介は私には特にメリットは無いので、思いついたままのお話です♪







オススメ無料占い初めて鑑定を受けた方の感想鑑定一覧


【新しいブログを作成しました】
いま、このブログは頻繁に更新しています。古いお話を今の時代に合わせて全て修正をしているところです。内容のほとんどは変えているので、前に見たことがあっても「今」の流れに直しました。修正作業が中心になっているため、新しいお話を書く場所が無くなってしまったことから、新しい場所を作りました。お時間があるときはこちらもご覧になってみてください。 「九星気学・占いで幸運を引き寄せ、凶方位の影響を回避する」
さらにお気楽に書ける場所がなくなっちゃったので、めっちゃ緩い「それで良いの?」的などうでも良いことを書けるブログも用意しました。こっちは常時適当に書いてますので、たまにチェックしてみてください。「ちょっと一息、だいぶ一息、肩の力を抜いちゃった」



九星気学トップページに移動

The following two tabs change content below.
占術家 内田和男
占い受けなくて良いよって言う占い師(方位学・紫微斗数・手相・西洋占星術・タロット・家相風水・四柱推命)で、引越しや旅行、生き方で運の流れを読み今の状況を切り替え、不安や恐れを解消していくための鑑定が中心。弱みにつけ込む占い師が嫌いで、自分もそうならないように注意してます。 ツイッターはこちら

関連記事




過去のお話を月別にチェックできます

【LINEのお知らせ】
LINEを導入にしています。IDは kunetwork です。
※ID検索で探してみてください。

鑑定依頼やお問い合わせにご利用頂けます。

 

ページ上部へ戻る