内容修正日: 2017年4月6日

加藤眞由儒氏(かとうまさよし)の鑑定を受けました

うきうきする流れがあると、自然と幸運を引き寄せる

今回のお話は占い好きな人なら楽しいお話かもしれません。
あなたはスピリチュアルカウンセラーの加藤眞由儒氏をご存知ですか?

私は中谷彰宏さんの本からこの方のことを知る機会を得ました。
もう十年ぐらいまえだったか・・・ちょっと記憶に無いですが。

話が逸れますが、私は中谷彰宏さんの本が大好きなんです。
それこそ高校時代からずっと楽しく読ませて頂いています。

私のブログをご覧になっている方も好きな方は多いかもしれません。
いわゆる「類は友を呼ぶ」ってやつです(笑)

私は中谷彰宏さんに限らず、明るくて楽しい人が好きなんです。
そういう方の本は「ひらめき」がたくさんあるんです。

全くジャンルが違うことであってもそれがきっかけやヒントになって仕事や生活に役立ってます。
中谷彰宏さんの本の中で、占いに関係する本も何冊か出ていますが、その中にこの加藤眞由儒氏が出ていました。

本の出会いが人生に影響を与えることも多い、今ならインターネット情報もきっかけになることが多いです

西谷泰人氏も出ていますね。
加藤眞由儒氏が出ていた本を読んでいたころは、鑑定を受けることなど考えたこともありませんでした。

当時私は広島でしたし、東京に行くことなんて考えたことも無かったです。
その後、北海道に居るときに一度みていただきたい、と思っていろいろと探したのですが、この方は連絡先をオープンにされていません。

そのために探しきれなかったんです。
こういう時は鑑定を受けるべき時期じゃないことが多いです。

求めているのに手に入らないというのは、何かが原因としてあります。
そこで無理をすると、本来のタイミングではないために、その出会いを活かしきれなくなります。

そんな中、たまたま2年前に加藤眞由儒氏の講演に行くチャンスを手に入れました。

その後で鑑定予約をお願いしたのですが、2年先(笑)
私と加藤眞由儒氏のご縁はそこまで先ということと、その時期に転機が来る、という意味でもあります。

2年先でも3年先でも10年先でも良いのです。
大切なのは流れを感じることです。

【スポンサーリンク】

加藤眞由儒氏の鑑定の特徴

加藤眞由儒氏は霊視鑑定をされる方で、場面を映像として捉える力をお持ちだそうです。
とてもやさしい雰囲気をもたれた方ですが、大きなプレッシャーも持っていらっしゃると感じました。

例のごとく、家内と一緒に行ってきたのですが、メインは家内でした(笑)
やはりどこで何をやっていくか、というのは家内の方が切実ですし。

一応ここで、加藤眞由儒氏のホームページをお知らせしておきます。
http://katomasayoshi.com/index.html

私は大抵鑑定を受けるときには何も言いません。
もちろん必要があるなら、生年月日や住所なども書きます。

今回は、名前と生年月日を最初に書きました。
それ以外は何も書かなかったのですが、どうも後から考えたら、記入用紙に相談事項を書くみたいです(笑)

そんなことは知りませんので、二人の名前と誕生日を書いた紙を加藤眞由儒氏に渡しました。
今回の鑑定で出てきた内容は

・家内の健康
・家内の事故
・家内の人間関係
・家内のご先祖様
・内田家について

というのが、何も言わないで出てきたお話です。
メインは家内で、私の話はところどころ入っていた感じですが、要約すると上記のような感じです。

この流れで終わってしまいそうだったので、私の方から質問をさせて頂きました。
事前に家内が用意していたパンフレットを加藤眞由儒氏にお見せして、どちらが良いだろうか?という感じです。

30分の鑑定で大体これぐらいです。

加藤眞由儒氏の鑑定を受ける際の注意点

加藤眞由儒氏の鑑定は、非常に行間を読む力を要求されます。
かなり深く掘り下げた意味合いを持った言葉を話されます。

部分的に具体的ではないと感じやすい可能性があります。
最初、私自身もこの話ってどこに向っていってるんだろうって思っていたぐらいです。

ただ、途中から加藤眞由儒氏の鑑定の仕方の要領を得てきて、これはすごい話だって感じたわけです。
たとえばこういう話です。

大学院の話ですが、1つの大学院は非常に専門性を求められるという話、そしてもう別の大学院は現場からは離れるけれども方向性としては良く、でも時間が経つとやっぱり現場に戻ろうとする・・・。
そんな話でした。

ちょっと説明するのが難しいのですが、これははっきりとどちらに向っていったほうがよいかということを示唆している言葉なんです。
ただ、家内はよく分からなかったようです。

家内の場合は最初から話が難しくぽや~んとした感じになってしまい、話が良く分からなかったそうです。
抽象的な言葉だったとも言えます。

加藤眞由儒氏の鑑定をがっちりと受け止めるには、どれだけその行間を読むことが出来るかにかかっている、と私は思います。
加藤眞由儒氏が何を話したいと思っているのか、何を伝えたいのか、それを深読みできれば、かなりの部分を受け止めることが出来るはずです。

すごく深い方です。
それと加藤眞由儒氏の鑑定は、吉方位旅行や運の流れに一致しています。

私や家内が求めている方向、感じている現状などをそのままずばっと言われています。
もちろん行間を読むんです(笑)

方向性が一致していることに途中で気がついたので、話の内容が分かるようになったわけです。
今回、家内は北海道に行ってきましたが、それなりに方針が見えて帰ってきたようでした。

ちょうど良かったので加藤眞由儒氏に同じ相談をしたわけです。
そうするとものの見事に家内が内心で感じている方向性と一致しているわけです。

ただし、家内は気がついてませんでした(笑)
難しいんです。本人ですら気がつけていないのですから。

でも、分かる人なら直感で理解できるほどすごい話です。

【スポンサーリンク】

加藤眞由儒氏になぜ見てもらったのか?

関心があったからです(笑)
これで終わったら面白くないのでももう少しお話しますと、自分の方向性に確信を持つためです。

今、自分のやっていることが自分の運命に沿っているのかどうか、それを確認するためです。
西谷泰人氏に鑑定を受けた際も同様です。

確信は力になります。
そして私の確信は結果としてお客様の幸せを大きくしてくれると信じています。

そういう経過もあり、気になる鑑定家の方には機会を得て、見てもらうようにしています。
といっても、今のところ西谷泰人氏と加藤眞由儒氏だけですが・・・

もし加藤眞由儒氏とご縁がある場合、鑑定を受けるときには行間を読むようにがんばってみてください。
そうすればもっと自分を信じて楽しんで生きていけます。


初めて鑑定を受けた方の感想鑑定一覧メール方位鑑定10000円リピーターのお客様

電話占いウィルの詳細はこちら

九星気学トップページに移動




過去のお話を月別にチェックできます

ページ上部へ戻る