単発でトラブルや問題が起きるのは運の良い証拠?

トラブルが立て続けに起こる不運を避けるためにタイミングを外すのが占い、という話を「不幸を立て続けに起こさせないために占いで不運のタイミングを外す」でしました。

いろいろな問題が起きるときは不思議と「なんでこのタイミングで?」という感じになります。

ところが、運が良い時は「このタイミングでトラブルが起きてくれたおかげで助かった」となります。

トラブルが起きることが不運や不幸では無いこともある

トラブルや問題は必ず起きます。

人は外に出れば何か遭遇しますし、外に出なくても外からトラブルは舞い込んできます。

何かをしてもしなくても、何か降ってくるわけです。

これが人生の前提だと思ってください。

人生がこんなものであるならば、今の自分の状況がやばい状況なのか、それとも意外に良い状況なのかが分かります。

風邪を引いているときに、彼氏に振られて、仕事もリストラにあって、しかも交通事故に巻き込まれるっていうのがまさに負のスパイラルです。

このタイミングで問題が起きてくれて助かることもある

別の人は、風邪を引いて、治ったころに彼氏とけんかして別れて、心が落ち着いてきたころにリストラの話が出て、失業保険を受けているときに交通事故に巻き込まれる、みたいな感じになります。

起きていることは同じです。

しかし、起きるタイミングが違います。

タイミングがずれているので、一つずつに対処することが出来、負のスパイラルにはまらなくなります。

「何かが起きる」とは、外から舞い込んでくる「出来事」ということです。
※たとえ病気であっても、それを知る事自体は外から入ってくるイメージです

外からくる出来事はコントロールが難しい

いえ、本当は本人もこの起きる出来事の気配を「言われたらそうだった」ぐらい感じています。

風邪も恋愛もリストラも交通事故も「気配」があります。

きちんと向き合っていれば、対処または回避できる可能性が高いです。

ただし、「それが難しい時期」があります。

それが予期せぬ出来事で頭が回らない状態になっているときです。

風邪が根っこで足を引っ張っている

普段ならうまく切り抜ける、あるいは察知して回避できることでも、思うようにならない状態であればうまくいきにくいです。

ダメな時というのは、きっかけは些細なことなのに、まさにこのタイミングで立て続けに起きます。

でも、同じようなことが起きているのに、うまく分散している場合もあります。

これが運の良さってやつです。

そして、これは作り出せます。

何か起きたときにいったん立ち止まる事が大切

今、どういう運勢と運気の状態に自分がいるのかを把握します。

動きが激しい時は無理をせず大人しくする選択肢をとります。

大丈夫な時は、とりあえず目の前の面倒事にすぐに対処します。

何かが起きるときはその後の選択にも影響しやすいので、勢いではなく冷静さを引き出すために占いを使う感じです。

運が悪いから運を良くしようとか、そういうのはいったん落ち着いてからです。

意外に運が良いから、良いタイミングで問題が起きているという事もあるので、その分析は大事です。

【関連するまとめリンク】
「不運・不幸を呼ぶシグナルの受け止め方まとめ」

鑑定一覧オススメ無料占い





関連記事一覧