占いで反対の結果が出たときどうしたら良い?

占いで反対の結果が出てきやすいのは、違う占い師に占って貰うときです。

前の占い師はダメって言ってたけど、次に見て貰った占い師はOKって、さてどっちが本当?

この場合、基本的にはどちらも本当の内容です。

それなのに違う結果が出るのは、見ている視点が違うことと、重視している占術によっても違ってきます。

占いはどこに着目するかで結果が違ってくることがあります。

違う占い師に鑑定をして貰うときに顕著にその傾向が出ますが、同じ占い師でもお客様の話が変われば結果が変わる事があります。

方位鑑定で凶方位と出ているのにOKというケース

占い師の傾向として、1つの占術しか使わない占い師は「絶対ダメ」となるケースが多いような気がします。

その理由は他に回避策が無いからかもしれません。

複数の占術を使う占い師の場合は「このケースではダメだけど、これを優先すれば可能性はあるよ」みたいな感じで結果が異なってきます。

この違いは着眼点の違いです。

私の場合なら、その人のやろうとしていることの重要度と現状、そして占いの結果を整理して鑑定をしていきます。

占いの結果がこうなったからこうするべきっていうのは無いです。

総合的に占った結果の選択肢に救われる

当事者が大事にすることが変われば鑑定結果も変わります(住みたい所に住むのか、占いに従うのかなど)。

だから、占いで反対の結果が出る事なんて山ほどあります。

こういう時に大事なのは「今自分が一番望んでいることに合わせたらどれが良い?」という整理の仕方です。

運を上げるために引っ越しをする、旅行をするなら「住みたいところが吉方位になるようにタイミングを合わせる」のが正解です。

吉方位に引っ越せば良いというものではありません。

方位の影響をより効果的に引き出すために、自分に合った選択肢をタイミングを合わせて取っていくことが大事です。

一方で、どうしてもそこ(凶方位)に引っ越しをする必要がある場合、運の話は後回しになります。

全体の整理をした上で、引っ越した後どうしていくかに鑑定の軸が変わっていくためです。

凶方位だからダメでは未来がない

その人の状況に合わせて占いを微調整することで、可能性が見えてきます。

もともと占いは可能性を模索するためにあるんですし。

どれが正しいの?ではなく、今の自分が一番だと思っていることに関して適切な選択肢はなんなの?という視点で正反対に出た占いを見ると良いです。

自然とどっちを取ったら良いかはっきりします。

【関連するまとめリンク】
「当たる占い・占い師の探し方・占いを当てるようにするために必要なことのまとめ」

鑑定一覧オススメ無料占い





関連記事一覧