占いで手相やホロスコープは良いのに現実が違う場合はどうすれば良い?

占いと現実が違う時には何か理由があることが多いですが、現実が問題無いなら気にしなくて良いです。

一方で現実が大変だったり、ストレス過多の場合は何かを修正した方が良い時期に来ているのかもしれません。

占いでよくあるパターンは、占いは良いのに現実がそうでもない、逆に占いは悪いのに現実は良いというパターンです。

これは吉凶方位の影響に限らず、どんな占いにでも起こりえます。

占いはそもそも万能じゃないです。

いろいろなことを占う事は出来ますが、完全ではありません。

占いを受ける方もその辺は理解を示されます。

その中で占いの結果と現実が違う場合、良い意味で違うならばその人の生き方は間違っていないことを教えてくれています。

悪い意味で違うならばその違いを埋めれば良いという目安になります。

どちらに転んでもデメリットは少ないです。

注意したいのは良い意味で違う、つまり、占いは悪いのに現実は良いという場合、占いを気にしすぎないことです。

何となく占ってもらった時ほど注意が必要

占いは何となく受けるものではなく、相当なきっかけをもとにした方が良いです。(気軽に受けた方が良いという占い師さんもたくさんいます)

何となくでも一つのシグナルなのですが、占いを受ける側(相談者)に占いを活かすだけの力がないと振り回されます。

こういうお話をすると「占いって怖い」と思われてもおかしくないのですが、占いは遊びではないので扱いに注意が必要です。
※遊びとしての占いもあります

占いをしっかりと受けとめることが出来る人は、占いの結果に一喜一憂するのではなく、占いの中にヒントを見つけようとします。

こういう人がたまたま占いを受けた場合でも、結果の善し悪しよりもその時に感じたことをヒントに出来ます。

偶然の占いにはタイミングとシグナルが隠されている

占いが気になる時は偶然が多いので、占いを受ける時は気合いが必要になります。

この中で占いの結果は悪いけれども現実が良いという場合は、今、気にする必要はありません

気にして「悪いのか・・・」と引きずることで運命が変わります。

占いを受けなければ選択しなかったはずなのに、違う流れを選択してしまう状態です。

一方で悪い意味で違う(鑑定結果は良いのに現実が悪い)場合は簡単です。

自分の中で良くなる部分を活かせていないだけなので、今までの判断基準・行動を切り替えていくと変化していきます。

気になる事があるときは占いに合わせて動いてみる

ただ、現実が悪い状態の場合は、いきなり何とかしようと思っても難しいことがあります。

そこで、今できることから到達点を想定して、一つずつ出来る事を増やしていきます。

段階的に微調整をしていくことで、現実を良いと出ている占いの結果に近づけることが出来ます。

占いを受けるメリットは、「現実を変えるきっかけに出来る」ところにあります。

一緒に読んでみてください:「運勢は良いはずなのに、開運期のはずなのに良い事が無い理由」

【関連するまとめリンク】
「運・運気・運勢を良くする、幸運のつかみ方のまとめ」

鑑定一覧オススメ無料占い





関連記事一覧