占いは思い込み?開運の方法とは

占いと思い込みは関連があると思っています。

占いは当たると思っている人の方が、占いは当たらないと思っている人よりも、占いの結果に一致しやすい傾向にあるからです。

バーナム効果とは私自身どこかで聞いたかな程度だったのでネットで調べたら、「この結果は自分のことだと自分の都合に合わせて解釈をする事象」のようです。

おおざっぱに言って思い込みと同じ意味

おおざっぱが好きなもので(笑)

バーナム効果という言葉をわざわざ使っているのは、この言葉で検索する人もいるかなと思っただけです。

さて本題ですが、上でも書いたように占いは思い込みに関連します。

自分の事を占われているので、多かれ少なかれ自分の事として解釈しようとします。

結果「当たった」と占い師も誘導しやすい

この辺で誤解が出やすい一面があります。

占いは相談者の様子を見ながら鑑定をする一面もありますが、基本的に占いの解釈を伝えているだけです。

それがホロスコープであれ、命盤であれ、タロットであれ、手相であれ同様です。

このケースではこういった解釈が想定されるという事柄の結びつけを行います。

相談されている方が「自分のことを言ってる」と思おうが、「占いは当たらない」と思おうが、占いの結果はそこに左右されません。

「伝え方」はあっても相談者で占いの結果が変わることはない

だからこそ「自分の事だ!」と感じ取ることが出来ると、大きな力を発揮します。

私が方位鑑定も含めて過去の鑑定を重視するのは、その人と私の占いの親和性を明らかにするためです。

ぶっちゃけ相性を見極めるためです(笑)。

占いはそういう意味では意味不明なのですが、占い師と相談する人の相性が良いと占いは良く当たります。

良く当たるように相談される方自身が自然と思考・選択・行動をする感じです。

相談者が占いの結果が安心出来ると受け入れやすい

占いの結果を理解出来、その先にある未来も想像が出来る場合、占いと現実が繋がります。

相談者にとってどうしていけば良いかが明確になるため、必要な未来が形作られていきます。

これを思い込みととるか、バーナム効果とするかは分かりません。

分かりませんが、現実としてこういうスタイルもあります。

相談者と相性を良くするのも占い師の仕事

相談者との相性を良好にするためにも私の占いの手法を知って貰い、それを知って貰うために過去を占っていく感じになります。

ここの一致度が高ければ高いほど、占いも当たります。

私が占いをする上で重視するのは「当たっている部分を基準にして、そこから開運に繋いで行く」という手法です。

占いは全部が当たることはありません。

でも、当たる部分を増やすことは出来ます。

そのためにあれこれとやりとりをして、私が出している占いの結果のどの部分と現実が一致していて、どこが合わないのかを見極めていきます。

一致している部分を中心に占いを広げていく

占い師によって手法は様々ですが、こういうやり方を取ることで未来を当てやすく出来ます。

しかも、相談される方は占いの結果に対して一定の実感を持つことが出来るので、どうしたら良いかが明確になります。

これが開運力に繋がります。

運気アップとか幸運の引き寄せとかって目で見えない話はたくさんありますが、望んでいる事は良い人生を歩んでいきたいということだと思っています。

そのために思い込みとかが役立ってくれるなら大いに結構です。

逆に、「占い~?え~~?」みたいな感じの人には合わない世界なので、無理に関わる必要はありません。

自分で自分に壁を作ってしまうよりも、そうじゃないものに時間を掛けた方が余程上手くいくからです。

鑑定一覧オススメ無料占い





関連記事一覧