占いに左右される人・左右されない人、どちらが幸せ?

私は占いに左右される傾向が強いと思います。

占いに左右されない人は占いを受けない人です。

占いを受けると多かれ少なかれ左右される人が多いです。

ポイントは占いに左右される人であっても、占いに振り回されるか・コントールするかで随分と違う点です。

占いに振り回されるか・コントールするか、どちらでも良いから幸せなのはどちらか、これが今回のテーマです。

占いに振り回されるか・コントロールするかのどちらが良いかは明確に分かれます。

占いに振り回される人・コントロールする人は、その相談の仕方でハッキリします。

「どうなりますか?」という人と「どうしたら良いでしょうか?」という人です。

似たような感じですが、前者が「占いに振り回される人」で、後者が「占いをコントロール(判断基準の一つ)する人」です。

どっちが良いかは、やはり占いをコントロール出来る方が幸せを実感しやすい可能性が高いです。

「どうなりますか?」でも見えてくる未来

過去の運気の流れ、生き方、考え方、そして現実とのずれを鑑定していくと、必然的にこれから先に起こりうる「可能性」があるものが見えてくる場合があります(霊視じゃないです)。

実際に、私も未来を予測する鑑定をすることも多いです。

「どうなりますか?」という意識の難しいところは、未来の結果に振り回されやすいところです。

どうなりますか?の相談で多いのは、自分で何とか出来ること以外を相談されていることも多いです。

彼と結婚すると幸せになれるでしょうか?とか、この会社を選ぶとうまくいくでしょうかとかです。

良くない占いの結果が出た場合、「気にしない」と言いつつも、記憶の底に占いの結果がこびりついてしまう状況が生まれることがあります。

よく例に出すのは「気になる人との相性占い」についてです。

相性が悪かったら諦める?が大事なポイント

相性が良ければお付き合いをして、悪ければ諦めるという占いは、将来的に自分自身を苦しめてしまう可能性が出てきます。

10代20代ならこういう相談でも良いかもしれないですが、30代以上ではそんな気持ちが邪魔になります。

「気になる人がどう思ってるか分かったら背中を押してもらえる」っていう想いがあることも理解しています。

しかし、本気の人は「私は彼に対してどういう風にアプローチしたら良いでしょうか」という相談の方が圧倒的に多いです。

自分の気持ちを明確に理解しているわけです。

占いから少し距離を置くぐらいが上手くいく

占いをうまく活用できる人の場合は「占いを行動基準の一つにする」人が多いです。

たとえば引っ越しをしようとする時に「どうすれば良いか?」と思うときに、占いを使って選択肢を明確にする感じです。

今回の引越しが自分にとってどういう意味があるのか、良いのか悪いのか、悪いならどうしたら良いのかなどです。

自分が分からない事に対して、第三者の意見ではなく客観的な情報提供を求めていきます。

そして、占いに出てきた結果に左右されるのではなく、「どうするか」という行動の選択肢として占いを活用することで、今の人生を変えていく、より充実したものに変えていくのが「占いを判断基準の一つとして活用する人」です。

どちらが良いかは人それぞれです。

占い師にもいろいろといて、「どうなりますか?」に積極的に応えていく占い師さんもいます。

でも私は、人生は常に自分のものであり、如何にしてそれを充実させるかに時間を掛けた方が良いと思っています。

占いは「活用してこそナンボ」ですので、是非行動の基準の一つとして取り入れられてみると良いです。

【関連するまとめリンク】
「当たる占い・占い師の探し方・占いを当てるようにするために必要なことのまとめ」

鑑定一覧オススメ無料占い





関連記事一覧