占いの限界が分かれば運命が変わる

占いの限界は意外と低いことに気がつかないと機会損失が大きくなります

「占いの効果は一瞬しか無い」と言われたら、そして、それが真実だとしたら、あなたはどうしますか?
占いはカンフル剤であり、刺激であり、わくわくするものですが、持続性は一瞬しかないです。


占いをいくら受けても、占いがいくら当たっていても、占いがあなたに与える影響は一瞬の分しかないです。
残りのすべては自分次第です。


私が伝えたいことが伝われば良いのですが。

自分次第ということは、占いのすべてに対して言えます

凶方位で運気が下がる、衰運期で運勢が下がる、あなたがやろうとすることはうまくいかない、あなたは不幸になる。
言葉は強烈ですが、これが意味するものは一瞬の分の影響しか持っていないということです。


結局、何を言われたとしても、どんな状態であったとしても、「あなたがどうにかするしかない」という真実がそこにあるからです。
運気が下がろうが、運勢が下がろうが、うまくいかなかろうが、不幸になろうが、あなたの代わりをしてくれる人は誰もいません。


あなたの代わりに寝てあげることも出来ないし、ご飯を食べることも、トイレに行くことも、勉強をしてあげることも出来ないです。

こんなこと誰もが分かっている当たり前のことです

その上でお伝えしているのが「占いの効果は一瞬」という意味です。
これは「占いはあなたに対して、あれをやったらよい、これをやったらよい、あ~だこ~だといろいろと教えてくれますが、やることをやったら後は自分次第だよ」ってことです。


恋人出来ますか?⇒こうしたら良いよ(占い)⇒後は自分次第
結婚出来ますか?⇒こうしたら良いよ(占い)⇒後は自分次第
就職できますか?⇒こうしたら良いよ(占い)⇒後は自分次第
転職しても良いですか?⇒こうしたら良いよ(占い)⇒後は自分次第
運気アップできますか?⇒こうしたら良いよ(占い)⇒運気を上げた後は自分次第
開運出来ますか?⇒こうしたら良いよ(占い)⇒運が開くかどうかは自分次第
運気が下がっているようですがどうしたら良いですか?⇒こうしたら良いよ(占い)⇒後は自分次第
運気をとことん上げたいです⇒運気はその人の器次第で上限が決まるので器からあふれた分はこぼれます=とことん上げたいなら自分の器を大きくするしかない=自分次第


どんな相談であったとしても、占いは何らかの方向性を教えてくれますが、その後は自分次第ということです。
これが占いの限界です。

これが分かってしまうと占いのとらえ方も大きく変わります

占いを重視するのではなく、占いをヒントとして扱えるようになってきます。
占い師が「こうしたら良い」と言ってきたことに対して、自分なりの受け止め方が出来ます。


占いがヒントだと分かると、「結婚したいけど、どうしたら良い?」という感じの質問に変わってきます。
占いの受け方も変わってきます。


「前の占いではこういう内容だったのでこうしました、これで良かったですか?この後はどうしたら良いですか?」という感じになります。
占いを選択の目安、行動の目安にしている状態です。

やるのは自分、判断は占い、でも、これは一見占い依存に見えます

しかし、これは自分で判断出来ないから、判断するための一つの手段として占いを受けているだけです。
自分でどうしたら良いか分かってきたら、占いの回数も減っていきます。


占い師との信頼関係が必要ですが、占いを当てにするのではなく「自分自身を当てにする」ために占いを目安にしているだけです。
本や雑誌を見たり、友人・知人に相談しているのと同じですが、それ以上に効果的なやり方です。


何せ、自分がどうしたら良いかを直球で教えてくれるからです。
占いは何かをしてくれるわけじゃないです。


でも、自分が何をしたら良いかの目安になってくれます。
それと占い師の内田さんは、占いに期待はしてません。


だからこそ占いが与えてくれるものと、与えられたものの受け止め方によって人生が変わってくることも理解しています。

引っ越しを少しでも安くしたいと思っている人は「こちら」から ※サイト運営は私です♪

【スポンサーリンク】

【ブログの更新にあわせて更新メールをお届けします。】
ブログを更新したときに一口コラムも付けてます。なんでこんな話をしたのかっていう、他ではオープンにしていない更新メールだけのお話になります。登録についてはこちらから

関連記事

【スポンサーリンク】

過去のお話を月別にチェックできます

ブログ更新メールのご登録

ブログ更新にあわせて更新メールをお届けします。
詳細はこちらから

ページ上部へ戻る