占い依存・占いジプシーにならないために必要なこと

占いに依存したり、占いを頼りにすること自体は絶対にダメでは無いと思っています。

ただし、占いに依存しなくても良い、占いを受けないと不安になるのは、私が言うのもなんですが、がんばって避けたほうが良いです。

占い依存、占い師依存ってあります。

占いを連続して受けてしまう場合は、占いに依存している可能性が少しあるかもしれないです。

普段はネガティブな意味で占い依存って言葉を使いますが、今回はポジティブな意味で使うのがテーマです。

結論は占い依存や占い師に頼るなら、自分の状態を理解して判断出来るかどうかにあります。

占いに依存していても必要と冷静に判断出来ていれば大丈夫

占いが気になる時は精神的にしんどくなっていたり、周りと話をしにくい状態になっていることが多いです。

何とかしたいけれど、自分だけでは難しいときと分かっていれば、占い師に相談しつづけるのも選択肢の一つになります。

確かにはた目に占い師に依存していて、占いに振り回されているように見えるかもしれないです。

でも、本人からすると、やっと自分なりにまっすぐ歩けるようになってきた、そんな状況だったりします。

私自身、普段は「占いは受けなくて良い。必要かどうかは十分に判断してから」とお伝えしていますが、実際にはリピーターのお客様にフォローを入れることがあります。

なぜかふと気になる事があるので、その程度の範囲でです。

不安な時は誰にでもありますが、自分の状況を知ってくれている人がいて、それなりに相談も出来る人がいれば楽なのもあります。

話をするだけで楽になるケースも多い

普段なら不要なことでも、辛いときに「耐えるため」に占いを頼りにするのはアリと思っています。

精神的にしんどくなっているので、黒い何かが身体の中を駆け巡っています。

それを外に出すだけで変わってきます。

ただし、変な占い師に相談すると「もっともっと相談しないとダメ」と言ってきて、相談者をはめようとするかもしれません。

だから、私がお客様にお話するのは「占いはお金が掛かるから、その分しっかり稼いでね」って伝えるようにしてます。

人は冷静になれば見えてくることもあります。

占いはしんどい中でも冷静さが必要で、占い師が言うことなら何でもOKではありません。

占いは一歩間違えると抜けられなくなる

昔は「一度占った後はしばらくは不要」とお伝えするようにしていました。

でも、実際のところはどうしたら良いのかイマイチ伝わらないことも多いので、ここ数年はお客様の状況にある程度合わせています。

相談をされないと私の占いの商売は成り立ちませんが、相談者が自分で考えなくなってしまうのは嫌です。

自分で考え、バランスを大事にすることが出来れば、占いと適度な距離を保てます。

結局のところ「占い」ではどうにも出来ないことが多いです。

きっかけにはなるでしょうし、自分を取り戻す上でも役立つと思います。

でも、言ってみればそれだけのことです。

だからこそ、バランスを取るための占いは大丈夫なのですが、ダメな占いへの依存があります。

それは不安をまぎらわせるために占いを受けてしまうことです。

占いで不安を消すことは出来ないです。

不安を消すことが出来るのは、自分だけです

占いは不安に対してどうしたら良いかを教えてくれても、結果は出してはくれないです。

これが分からなくなることがあります。

占いに方法を教えて貰ったら、辛いけど一歩ずつ踏み出していくことです。

踏み出しながら占いを受けるのは良いけれど、踏み出せないで占いをはしごしている状態は泥沼です。

そういう占いの受け方は破滅の道かも知れないです。

占いに依存するのはネガティブな感じですが、良い依存と止めた方がいい依存があります。

それを踏まえて占いを受けられるなら、大丈夫かなと思います。

鑑定一覧オススメ無料占い





関連記事一覧