10月14日~鹿児島市の出張予定です(詳細はこちら)

厄年や大殺界に良いことが起きる、運勢が悪い時に良いことが起きる理由

運勢が悪いという基準にはいろいろな解釈があり、本当に悪いのかどうかは微妙です。

衰運期は自分を見直す時期です。

運勢が下がる時期にはその判断基準がそれぞれの占いにあります。

厄年や大殺界、天中殺などは耳慣れた言葉かも知れませんが、全て違う占いの基準になります。

これらの時期のとらえ方は占い師によって千差万別であり、悪いとする占い師もいれば良いとする占い師もいます。

私はどちらかというと、こういう時期を「良い」とする占い師です。

悪い時期なのに良いとする場合、その時期その時期で必要な事があるためメリハリをつけやすくなるという意味合いです。

厄年なのに良いの?大殺界なのに良いの?という場合でも、その基準を使っていない占いを使う場合、厄年(大殺界)の衰運期は基本的に関係無いです。

どの占いでも運勢が下がる時期は大きく違わない

しかし、それでも、この運勢が下がり始める時期を深刻にとらえるのか、それともきっかけとしてとらえるのは占い師によって異なります。

方位関係であれば、陥入なども衰運期の一つとしてとらえられますが、やはり私は深刻なとらえ方はしません。

これには理由が有り「運勢だけが人生の全てではない」ということと、今の自分の生き方がどの程度自分に合っているのかの方が大事という軸があるためです。

凶方位に行くと「もう終わった」となる人もいますが、実際には終わっていない人ばかりです。

凶方位に限りませんが、大変な時期は誰にでもあります。

それが運勢や運気にに現される場合もあります。

衰運期でも必要な事がある

これが特に運勢が下がる時に大事になってきます。

運勢の上下に強くなるには、自分の生き方の軸に合わせて生きて行けているかどうかです

たとえば大凶方位に行くという場合、それは運気が下がることを意味します。

運気が下がる選択をしたとしても、今の自分に必要なことと判断出来れば、山を乗り越えることが出来ます。

その結果、周りから見ると大変そうでも、本人からすれば「今年は結構良いな」って感じているケースもあります。

また、厄年や大殺界までにいろいろな事をがんばってきた人というのは、この時期にこそ結果が出ることが多いです。

衰運期で結果が出る人の特徴

自分の生き方を理解して突き進んでいたとしても、人生の浮き沈みはあります。

しかし、必要に応じて自分の生き方に合わせて選択していくことが出来れば、沈み幅は小さくなります。

これは沈む時期には沈む時期に必要な事をやっているからです。

そして、積み重ねたものが節目の時に華開く、という感じです。

良い事のように見えてそうじゃない事もある

これは運気が下がっている時に起きやすいパターンです。

チャンスだと思って飛びついてしばらくしたら、とんでもない目にあったとかです。

大凶方位に行く時とよく似ているのですが、運気が下がっている時ほど「良いように見える」ことが「お手軽に手に入るように見える」傾向が強いです。

要するに努力に見合わない良い事です。

喜んだ分だけ、後でがっちりそれ以上に落ちるための種まきをしている状態です。

こういうことがあることを知っておいて、運勢が下がるといわれる時期に十分に注意しておけば、意外に良い流れに乗ることも出来る、そういう道も残っているということです。

衰運期の解釈は占い師によって違う

無茶をする時期では無いのですが、なんでもダメになるわけではありません。

この時期に家を建てたからダメになるとか、結婚をしたから、就職をしたからダメになるとか、そんなに単純ではありません。

流れに逆らっている分だけ大変さはあるかもしれないですが、状況を理解し望んでいる事を明確にすれば、対処のしようも出てきます。

そして、自分に必要なことをしっかりとやっていく。

すると、運勢が悪いと言われる時期であっても、まさにこのタイミングでいろいろと大きな変化を成し遂げることもあります。

言葉に惑わされるのではなく、今目の前の現状と自分自身の状況をすり合わせし、必要な選択を取っていくことが大事な事になります。

【関連するまとめリンク】
「天中殺や大殺界、厄年・空亡など運勢が悪くなる時のまとめ」