吉方位、凶方位、大殺界、天中殺、開運期、占いで何を大事にすれば幸せになれる?

大殺界時期に引越しをして良いのだろうか、方位が気になるけどどうしたら?という不安は占いがごっちゃになっています。

占いでよくあるのは、いろいろな基準がごちゃごちゃになっていてどうしたら良いか分からなくなるケースです。

引越しや旅行だけでも、いろいろな占いがありますし、占い師もたくさんいます。

引越しや旅行が気になるのか、それとも大殺界や天中殺が気になるのか、何が気になるかによって重視する占いも変わります。

しかも、占い師であれば誰でも良いわけでは無いので、余計に迷います。

気になるのが「占い」なのか、「不安」で占い師が変わる

占いが気になっている場合は、気になっている占いを使う占い師を探す必要があります。

大殺界と引越しが気になっているなら、この両方を占う事が出来る占い師を探す感じです。

そうじゃないと「大殺界はどうなのだろうか」と別の不安が出てきます。

一方で大殺界そのものよりも、「悪い」と出ていることが不安な人の場合は「相談しても良さそうな占い師」を探す必要があります。

例として大殺界を挙げていますが、気になっている事がなんであれ、占い師を探した方が良いのか、占いを探した方が良いのかの違いがあります。

占い師の探し方は「話を聞ける、納得が出来る」が基準

方位鑑定の場合は過去の移動を鑑定してもらって、話が理解出来るかどうか、腑に落ちるかどうかがポイントになると思っています。

引越しなど以外の場合は、占い師の話が理解出来る、好感が持てるなど、言ってみれば「当たってる」と感じられるかどうかです。

何となく嫌だと感じる人の話は、たとえ当たっていたとしても受け入れるのが難しいです。

良い感じがする占い師さんの場合は受け入れる体制も出来ているので、相乗効果で当たりやすい傾向もあります。

こういった占いを受けることが出来れば、自分の中で判断基準を明確にしやすくなりますし、結果的にどうしたら良いかも見えてきます。

この辺を適当にすると、あれも当たりそう、これも当たりそうとなって何が良いのか分かりにくくなりますし、嫌な想いをする可能性も高まります。

当たる占いはどれ?幸せになれるのは?

大殺界と天中殺は違う占いの基準です。

吉方位や凶方位の方位鑑定とも違います。

大殺界で厄年(この二つも違う占い)でとなると、両方とも運勢のジャンルですが、違う基準の占いになります。

でも気になっている人からすると違いがよく分かりません。

そこで占いはどのジャンルであれ過去を占ってみると、当たりやすいか、そうでもないかがハッキリします。

本屋で関心のある占いをチェックしてみる

その中で「当たってる~」とか、「そうそう」という感じになれば、その占いとの相性が良いことが分かります。

「相性の良さ」は重要なので、占い師さんと相性が良いか占いと相性が良いか、どちらかは一致していた方が良いです。

大殺界が気になるという人は、本でチェックして「そうそう」という感じになっていると思います。

大殺界時期が当たっているなら、大殺界を扱う六星占術の良い時期も当たっているはずです。

次のステップとしては大殺界を扱っている占い師さんで良い感じを受ける人を探します。

大殺界に限らず全ての占いでこの過程は大事です。

当たる占い・幸せになる占いは相性にある

根拠がしっかりしている占いの場合、後の結果は占い師との相性次第というのがあります。

タロット占いなどは根拠が無いように見えますが、本当にふわふわな感じなら世界中で扱われる占いにはならないです。

根拠とは歴史ともいえ、歴史のある何百年も続いているような占いは、多かれ少なかれ誰が占っても似たような結果になります。

それでも当たり外れがあり、当たりやすい人もいれば当たりにくい人もいます。

当たりやすければ現状を良くしていくことも可能になるので、幸せを実感しやすくなります。

当たる占い師、当たる占いを探すこともあると思いますが、「自分にとってどうなのか」がポイントになります。

気になる占いがあるなら自分との相性(あたるかどうか)をチェックして、その上で自分との相性が良さそうな占い師さんを探す。

このやり方は占い優先のやり方です。

気になる事がある、不安が強い場合は、相性の良さそうな占い師さんを探す。

この場合は占いの手法はそこまで重要では無く、気になる占い師さんを信頼出来るかどうかがポイントになります。

鑑定一覧オススメ無料占い





関連記事一覧