吉方位なのに嫌なこと、凶方位なのに良いことが起こる理由

運気を上げて嫌なこと、運気を下げて良いことが起こるのはなぜ?かというのが今回のテーマです。

吉方位旅行に行ったり引っ越したりした後に嫌なことが起こる人がいます。

逆に凶方位旅行や引っ越しだったけれど、良い事が起こる人がいます。

これはその人の背景を整理せずにお伝えするのはものすごくリスキーなんですが、とりあえず旅行前や引っ越し前が「楽しくて幸せ」だったということを前提にします。

この前提がないと、本当にケースバイケースになっちゃうんです。

凶方位なのに良いことの場合、本当に良い事かどうか少し待った方が良いです

凶方位だから何でも悪い事が起きるわけではありませんが、本来なら起きないような良い事が起きた場合は急激に落ちる可能性を秘めています。

いわゆる上げて落とすという運命のパターンに乗っている可能性があります。

調子に乗らず慎重な人の場合はまず大丈夫ですが、起きた事に有頂天になってしまい、周りをないがしろにした場合、しっぺ返しが来ます。

これも凶方位の影響の特徴で、来て欲しくないときにまとめて問題が起きるケースです。

凶方位も吉方位も同じですが、いきなり悪くなる、いきなり良くなるというよりは、流れが変わるような感じで変化をします。

そのため良い事のように見えても半年や1年の期間で見たとき、あれが足を引っ張ったというケースが目につきます。

でも、良い事と感じたその時に慎重になっていると良い形のままで上手く過ごせる場合もあります。

その時の状況に慎重になれかどうかで凶方位で良い事が吉にも凶にも変わります。

吉方位の嫌なことは理解が難しい

吉方位の場合の嫌なことは、その人にとって本来あるべき姿で無い状態を修正するために起きている事が多いです。

このため、その人自身にとっても身に覚えがあることが多いです。

「なんで吉方位なのに嫌なことが起こるの」ではなく、吉方位だからこそ問題点を明らかにしてくれたということです。

大事なのは「その後の対処」です。

吉方位は良い流れの中でその人自身にさらなるチャンスを引き寄せる流れを呼び寄せます。

その流れに合わない部分は切り捨てさせようとする作用が働くので、もし現状が未来に合っていないことをやっていると「嫌な」という形で現実化します。

凶方位だったと知る事に意味がある

凶方位を怖がる人もいますが、凶方位に行く(行った)ことが分かるメリットがあります。

それは問題が起きているなら方位の影響を受けやすく、問題が起きていないなら今は気にしなくても良いということが分かるからです。

方位の影響は実感出来る人もいれば、実感出来ない人もいます。

実感出来ないのにむやみに怖がる必要はありません。

実感出来なくても方位の影響は存在する!とお話するのは簡単ですが、実感が出来ないのですから対処のしようもないのが現実です。

その上、凶方位だからと言って、それにびくびくしてやりたいことも出来ないのでは話にならないのもあります。

凶方位だったけどどうだったのかが判断出来るだけでも、凶方位だったと分かる事は価値があります。

凶方位で問題が起きた、大丈夫だった

凶方位で大事なことは問題が起きているかどうかというのはお話したとおりです。

問題が起きていないなら、今、気にしすぎるのは意味がありません。

でも、「あれ、これまずいかも・・・」と感じ始めたら、対処を始める時期です。

これまで実感がなかったものが実感となってきたなら、これまでとは違う行動が必要になってきます。

ただし、実際に凶方位だからと言って嫌なことばかり起こる、問題ばかりが起こるケースは少ないです。

大事なのは「どこまで注意したら良いか」ということを見極めること

闇雲に喜んだり怖がったりするのではなく、状況整理をした上で対処をしていきます。

運気的な事はもちろんですが、問題は現実の世界で起きているので、現実の対処が最優先されます。

この時に悪化しないように手を打つことも大事な対処になります。

人は行き詰まり始めると普段はしないような手を打ち、余計ひどくなったりします。

それが結果的に凶方位の影響に合わさって更にひどい感じになったりします。

凶方位の影響は悪い方に向かいやすくする追い風を吹かせるので、一つずつ現実的に対処をしていくことで運命を変えていきます。

こうすることで、余計な情報に惑わされたり、不安になったりすることが減り、どうすれば良いかを見極めやすくなります。