10月14日~鹿児島市の出張予定です(詳細はこちら)

吉方位なのに嫌なこと、凶方位なのに良いことが起こる理由

運気を上げて嫌なこと、運気を下げて良いことが起こるのはなぜ?

吉方位旅行に行ったり引っ越したりした後に嫌なことが起こる人がいます。

また逆に凶方位旅行や引っ越しだったけれど、良い事が起こる人がいます。

これはその人の背景を整理せずにお伝えするのはものすごくリスキーなんですが、とりあえず旅行前や引っ越し前が「楽しくて幸せ」っていうことを前提にします。

この前提がないと、本当にケースバイケースになっちゃうんです。

さて、話を戻しますが、一つの解釈として、凶方位なのに良いことが起こる場合、その人は方位の影響を受けにくいといえます。

実際にはそんなに単純じゃないんだけど、でも、目安になります。

吉方位の嫌なことは理解が難しい

吉方位の場合の嫌なことは、その人にとって本来あるべき姿で無い状態を修正するために起きている事が多いです。

このため、その人自身にとっても身に覚えがあることが多いです。

「なんで吉方位なのに嫌なことが起こるの・・・」ではなく、吉方位だからこそ、明確に問題点を明らかにしてくれたということです。

大事なのは「その後の対処」です。

吉方位というのは良い流れの中で、その人自身にさらなるチャンスを引き寄せる為の流れを呼び寄せます。

このため、その流れに合わない部分は切り捨てさせようとする作用が働くので、「嫌な」という形になるわけです。

凶方位だったと知る事に意味がある

これがまた扱いが難しいのですが、実際に「問題が起きていない」ならそれで良いじゃない、と私は思っています。

ここが難しいポイントです。

方位から受ける影響が人生の全てではありません。

凶方位だからと言って、それにびくびくしてやりたいことも出来ないのでは話にならないです。

だからこそ、目安として「良い状態」ならばそれはそれで良いと私はお伝えします。

ただし、凶方位ということを「知る事が出来た」ということ自体には意味があります。

問題が起きていない事が大事、あとは変化を意識しておく

「あれ、これまずいかも・・・」と感じ始めたら、新たに流れを作れば良いだけです。

実際に凶方位だからと言って嫌なことばかり起こる、問題ばかりが起こるケースは少ないです。

大事なのは「どこまで注意したら良いか」ということを見極める事です。

闇雲に喜んだり怖がったりするのではなく、状況整理をした上で判断していく。

こうすることで、余計な情報に惑わされたり、不安になったりすることが減り、運の流れを見極めやすくなります。

【関連するまとめリンク】
「方位の影響が気になる人向け」