凶方位に就職するならやめないといけない?

占いを参考にして吉方位に就職すると良い仕事になり、凶方位に就職したら上手く行かないと思っている人がいます。(占い師にもいます)

それどころか「凶方位に就職することになったのですが、再度転職をした方が良いでしょうか?」という人が出てくることもあります。

最初から方位を意識して仕事を探せば良かったという人もいます。

仕事の方位鑑定は効果の割に人生を左右しやすい

仕事を占う時は、決まった仕事について適性や運勢を先に鑑定し、その後必要ならば方位鑑定を考慮していく感じです。

あり得ないのは「凶方位だから再度就職活動をした方が良い」みたいな鑑定結果の伝え方です。

仕事を見つけやすい人もいますが、見つけにくい人も当然います。

迷いながら仕事を探していて、漸く見つかったというようなケースもあります。

方位鑑定を重視するけど、仕事については重視しない理由

この理由は仕事との向き合い方にあります。

仕事選びには様々な背景があり、生活のためなど何らかの理由がついてきます。

何の理由もなく仕事を探す人はあまりいません。

そして、出来るなら幸先良く仕事をしたい、出来れば「自分に合った仕事をしたい」と思う人ばかりです。

ところが、何かの拍子で就職先が凶方位という情報を聞きつけてきて、「このままで大丈夫なのだろうか」と不安になったりします。

凶方位にもいろいろとありますが、基本的に不運・不幸が起こると書いてあります。

私も問題が起きやすいと理解しています。

新しい事を始めれば多かれ少なかれ問題が起きる

たとえそれが吉方位だろうと同じです。

吉方位で就職をすることになれば全部OKなんてことは当然ありません。
参考:「運気が良かろうが運勢が良かろうが、嫌なことやトラブルは起きる」

この場合問題になるのは、方位の理解を幸運・不運で理解しようとしている点です。

就職は必要な事です。

それがどういう形であれ就職が決まったということは「少なくともその会社の仕事を望んだ」という証明です。

たかが占いで決まった仕事を変えるのはおかしい

占いはいつでも心地よい答えを伝えてくれるとは限りません。

どちらかというと現実を直視させようとしてきます。

それが良いか悪いかは別にして、現実を見させてくれることで「どうしたら良いか」が明確になるメリットがあります。

就職先が凶方位だった場合、正直なところ怖がる理由は何も無いです。

何かを望んでその会社を選んだのであれば、たぶん、何かうまくいかないのです。

でも、上でお伝えしたように、それは吉方位であろうと同じように起こります。

吉方位で開業してもダメになるところもあります。

本質は「自分次第」

もちろん、引越しや旅行の場合も多かれ少なかれ自分自身というのはありますが、その状況を知るために方位鑑定をします。

特に引越しは住む場所を変えることから変化も大きいので、方位の善し悪しも大きなポイントになります。

でも、それが全てではありません。

引越しをする理由や背景などによって凶方位でもOKになることはよくあります。

それが就職なら尚更です。

現実で気になる事を整理し、問題をはっきりさせる

鑑定中でこれが一番時間が掛かります。

ご自身が気になっていることと、占いで出てくる適性、運勢などをすり合わせていく作業だからです。

その結果、今回の就職がどんな感じになっていくのかが見えてきます。

再度転職するかどうかはその後、改めて判断すれば良いです。

凶方位に就職だからやめた方が良いかななんて考える必要は一ミリも無いです。

一緒に読んでみてください↓

鑑定一覧オススメ無料占い





関連記事一覧