吉方位で悪いことが起きる時

引っ越した後、旅行をした後に嫌なこと悪いことが起きると「これは凶方位だったに違いない」と相談されることがあります。

本当に凶方位なら納得が出来ますが、吉方位のケースがあります。

吉方位が本当なら起きた出来事は良いことのはずです。

悪いことが起きたのに良いこととして理解するのは難しいですし、これは良いことのはずだと思い込むというのにも無理があります。

では吉方位では無いのでしょうか?
参考:「物が壊れること・体調を崩すことは不運なのか幸運なのか」

この場合、そのときの方位の状態を含めて相談者の生活全体を占っていきます。

吉方位なのに悪いことが起きたときは「これが良いことならどういう意味?」というセルフチェックが力を貸してくれます。

現実は嫌なことだけど、どうしたら良い?

方位鑑定に加えて、その人の運勢・運命・生き方、旅行や引っ越しを企画するときには何を考え、どういう状況だったかも占いに含めていきます。

これは占いじゃ無いと思う人もいるかもしれませんが、私の中ではこれこそが占いです。

悪いことが起きているのに、もしこれが良いことだったとしたら、一体どういう状態にあったのだろうか、何が必要なのだろうかが明確になります。

そうすれば、今、どうすれば良くなるかも分かります。

これが占いを受けるメリットです。

その悪いことは、今起きないで欲しかった?

吉方位なのか凶方位なのかはこれで明確になります。

吉方位で悪いことが起きたときはかなりの確率で「今起きてくれることで助かった」というタイミングになります。

悪いことが起きるのは辛いことですが、悪いことが起きるタイミングによっては助かったという場合もあります。

悪いことが起きてしまうなら「このタイミングで起きて欲しい」というタイミングです。

凶方位はそうは行きません。

凶方位は本当に困るときに問題が起こる

凶方位のトラブルは起きて欲しくないときに重なっておきます。

だから、セルフチェックをしてみると明確に出てきます。

吉方位なのに悪いことが起きる、でも、その起きた事は「今起きてくれたから助かった」という整理の上にもう1段階あります。

この悪い事はどうして起こったのか?対処出来る事なのかそれとも無理なのか、そこまで占っていきます。

方位をどの程度意識するかは別にして、今選択した方位と時期は過去の蓄積を形にしています。
参考:「吉方位や凶方位も運勢の一種なので「そこに至るまで」が今後を決める可能性大」

過去の蓄積が現実になる?消えていく?

過去の蓄積が現実化する場合、しかもそれが悪い事の場合、そこに至るまでに無理をしています。

無理ではなく、どこかで「見ないようにした」という過程があることもあります。

悪い事に特化しているので嫌な話が続いていますが、これは良い事でも同じような感じです。

蓄積があってこそ現実に姿を現します。

それが今なのかそれとも未来なのか、あるいは形にならないで終わるかは分かりません。

吉方位で悪い事が起きた時、今じゃないと大変なことになる

現実化することでこれまでの流れを全部ストップさせてしまうことがありますが、それはそれだけ大きな蓄積だったということです。

こういう場合、とにかく目の前の事に対処します。

いろいろとあるかもしれませんが、今起きてくれたことで時間を確保しやすくなっているはずです。

周りにたくさん迷惑を掛けても何とかなる、そういう状態で起きているはずだからです。

この理解をきちんとしておかないと事態が悪化する上に問題が長引きます。

その問題が起きるまでに掛かった時間分ぐらいは解消するのにも時間が掛かると思って良いです。

問題の対処は人それぞれポイントを絞る

事が収まってくれば本来ある流れが出てきます。

良い方位なのに悪い事が起きるときは受け止め方を間違えると泥沼にはまります。

でも、冷静に目の前の事を受け止めていくと必要な事が見えてきます。

もし吉方位なのに悪い事が起きたときは立ち止まるときです。

そして、今のままで大丈夫かどうかチェックをしていきます。

ここをしっかり出来れば、悪い事が収まるのも早いです。

【関連するまとめリンク】
「吉方位旅行の効果・影響のまとめ」

【ここで取り上げたリンク一覧】
「物が壊れること・体調を崩すことは不運なのか幸運なのか」
「吉方位や凶方位も運勢の一種なので「そこに至るまで」が今後を決める可能性大」

鑑定一覧オススメ無料占い





関連記事一覧