吉方位や凶方位は運命を暗示している

方位の吉凶を意識する時・無意識の時、方位の吉凶を修正しようとする時で運命(未来)は変わってきます。

ここでの「運命」とは、結果的にそうなるような人生(今現在)だったという結果論になります。

正直、結果論はその時になってみないと分からない、選択の結果が表面化してくるまで分かりません。

占いは、その表面化してくる未来を予測し、今、どうしたら良いかを暗示するモノです。

ここに問題があって、その暗示の精度がまちまち(笑)。

今やろうとしている選択の結果が絶対不幸になるよって分かっていれば、ほとんどの人は止めると思います。(凶方位でネット検索すると「不幸になる」という話がたくさん出てくると思いますが、確定した未来ではありません)

人生に確実なことなんて全然なくて、明日のこともよく分からないです。

人は迷うし、不安になります(だからといって何も考えなくて良いということではないです)。

人は思ったようにすることで今の運命を明らかにしています

人はそれまでの人生経験の積み重ねで、今、どうしていくべきかを考えます。

一方で占いに関わりがある人、占って貰う人は、自分の人生経験にくわえて占いの解釈を目安にします。

自分はこう思うけれどどうだろうという考えに対して、占いは「こうだよ」って教えてくれるわけです。

「こうだよ」の後に続く言葉は「こうだよ・・・(たぶんね)」です。

占い師はいろいろな表現を使い、いかにもという感じで断言する人もいるかもしれませんが、実際のところ「確実」というものはありません。

確実では無く、可能性です。

可能性の受け止め方を間違えると本質を間違える

吉方位や凶方位について理解を間違えると、凶方位に行っても吉方位に行けば良いんでしょ?って話になることがあります。

行かないよりは良いですが、問題の本質は別の所にあります。

「なぜ今、凶方位に行く選択をしたのか」の背景に問題の本質が隠れています。

運命はそこに至るまでの選択の結果が現実化しているモノです。

選択の結果とは「その選択をしようとした思考の結果」です。

ずっと過去から続く思考の結果、目の前の事が起きている感じです。

だから、いま凶方位を選んで、そこに行こうとするということは、未来の自分の人生もそっちに向かっている「可能性」があるということです。

凶方位に行こうとすることで問題がはっきりしやすい

占いを長いことやっていると、自分で都合良く考えて動いちゃう人に出会います。

一方で「あ、それなら今回の予定は白紙にします」という人もいます。

一応、私の範囲で集まってきている情報をもとにすると、凶方位を選択して行ってしまっている場合、半年から1年ぐらい掛けてその人にとって辛い流れになっていることが多いです。

凶方位の影響の結果なのか、その人の思考の結果招き寄せていることなのか、それは正直分かりません。

私に分かるのは、暗示されていたことが現実化してることです。

きついのは、凶方位に行ってしまうことは仕方がない面があるにしても、それ以降のリカバリーが足りないことに気がついていないことが多い点です。

方位の影響を実感出来る人が影響を避けるのは難しい

凶方位の影響を実感出来ている人が凶方位に行くならその影響を避けることは難しいですが、受けた影響を変えていくことは可能です。

大事なポイントは「凶方位に至った根っこの流れを変えること」です。

これが難しくてなかなか理解出来ない話になります。

凶方位を選択したというのは一つの結果です。

そこに至るまでの経緯を理解し、どうしてその選択をするに至ったか、というところまで整理した上で、今後の対策を考える。

その人が望んでいることがあるならば、尚更の話です。

凶方位を選ぶ場合は選ぶだけの理由が必要

凶方位と分かっていても凶方位に行くなら、それ相応の理由が必要になります。

人それぞれ事情も背景もあるからです。

ただ、今やろうとしていること(やったこと)が未来に繋がっているということも確かなことです。

こういうとき「避けられるなら避けた方が良い」というのが私の基本方針です。

想い通り、やりたいようにやって、後で大変な目にあう可能性を高めるぐらいなら、避けられるところは避け、対処出来るところは対処する方が、私は良いのでは無いかと思うからです。

占いがこの先の運命を教えてくれているとしたら、占いの受け止め方も変わってくるかなって思います。

一緒に読んでみてください↓

鑑定一覧オススメ無料占い





関連記事一覧